「あしからず、ご了承ください」と言われたことがありますか?

普通に丁寧な表現だと思っていましたが、ネットで見かけるとそうでもないようです。丁寧な表現と思って安易に使うと嫌われるかもしれませんよ。どうしてそうなるのでしょう。


スポンサーリンク


あしからずの意味

漢字で書くと、「悪しからず」となります。
「(他意はないので)悪くとらないでくださいね。」という意味になります。

「ご注文の品物は完売いたしました。あしからずご了承ください。」などとも使います。

使った記憶は、あまりありませんが、特に失礼とかイヤな印象は持ってはいませんでした。
それが、ネットで見ると悪印象を感じる方が多いようです。なぜでしょう。

ネットで見かけた意見は

肯定的な意見で私と同じ理解をされている方のご意見です。

貴方の意向に添えなくて済まないという気持ちを表す言葉です。
悪く思わないでということであり、そう悪い言葉でもないと思う。

 

次からは悪い印象をお持ちの方のご意見です。

あしからずの後は、あなたの意見はもう聞きませんよーって感じで使いますので あまりいい感じではないですね。

 

実際自分が本当に「ごめんなさい、悪く思わないで下さい」って気持ちを伝えたいとき、 「あしからず」なんて言葉まず選びません。

 

丁寧な表現ではないと思う。上から物をいわれている感じ。

 

「◯◯なのであしらからず」という表現を見かける。その度に馬鹿にされているようで不快に・・・

といった悪い感触のご意見のほうが多いようでちょっと驚きです。

 

「悪しからず」の後を省略すると失礼。省略せずに、「悪しからずご承知おきください。」などとすれば、問題ない。

このご意見はちょっと的外れですね。「あしからず」だけで独立した副詞なので省略はしていません。

 


スポンサーリンク


 

あしからずの使い方

謝罪の意味合いで、「どうかお気を悪くされませんように・・・」と言った感じで使います。

先に書きましたように、「売り切れ」だったり、個人間では、飲み会のお誘いに対して「どうしても参加できない、あしからず」なんて使います。

 

でも、なぜこんなに悪い印象を受ける人が多いのでしょう。

それは、謝罪する側が、
「謝罪はここまでです。この先は何を言われてもお相手しません。」と言っているように聞こえるからでしょう。

1e8dfdd99509b4e42d27ec520db346a2_s

(著作権を気にせず使える写真が外人さんしかありませんでした。あしからず。)
早速使ってみました。笑

上の写真のように手を上げて、「此処から先はないよ」「そこまでにしなさい」というニュアンスを感じさせるのでしょうね。

謝罪する際、腹の中には、『ここまで』と線引きがあっても、そのことを表に出さずに「申し訳ありません、どうかご容赦を」と唱え続けて、相手に、『もはやここまでか・・・』と判断していただく方が良いと思います。決定権を相手に譲ると言うことですね。

その線引をあからさまに出して、シャットウアウトして、「決定権はこちらにあるよ」と宣言するのですから上から目線に見られてしまうのでしょう。

もちろん、クレーマー対応などで相手の印象を気にしないケースはあるでしょう。
でも、そうでない場合の方が多いと思いますので、受ける相手がどう思うのかまで考えるべきですね。

 

終わりに

あしからずの使い方・・・としながら使わない方が良いって結論になってしまいました。気心の知れた身内や友人間ではこの限りではないと思います。

普通に丁寧な表現とおもっていたのですが、悪い印象に繋がる事が多いと知ることができました。

言葉は相手あってのものです。相手の立場に立って発言することの重要さを再認識しました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 


スポンサーリンク