頂いた柚子がまだ残っていて、シワシワになりつつありました。

捨てるのもなんだしと以前から調べて、「ゆずマーマレード」を作ろうと思っていました。マーマレードをそんなに好きなわけじゃないんだけど作りたいものがこれくらいしかありません。

10個程度残っていたのを今回、全投入して片付けました。

ゆず洗浄

シワシワになりつつあったので歯ブラシのきれいなのでゴシゴシ、シワの中の汚れを落としました。

一番面倒な工程でした。次回(があれば)シワシワにならないうちに処理しよう。

 

ゆずを解体

二つに切ってスプーンで中身をほじりだしました。皮と果実に解体です。

 

ゆず果汁を絞る

なぜ今まで放っていたかというと、ここがネックでどうやって絞ろうかと・・・。

ミル&ミキサーはあるのですが、ジューサーがなくて考え中でした。小さなジューサーを買いに行こうかと思いながらそれも面倒でね。

今回は、思い切ってすり鉢で潰しました。潰した果実を茶こしに入れて麺棒で押し付けるという大ざっぱな方法です。絞り切ることはできずもったいない結果でしたが、良しとしましょう。

 

後で調べると、こんな時には、ゆずをまな板の上などでコロコロと転がせば果肉がバラバラになって絞りやすくなるそうです。(先に調べろよ。)

ま、つたないながらも果汁を絞ってコップに保管です。

 

皮をバラす

ゆずの皮を包丁で細かく切り始めました。ここで、以前オレンジピールを作ったことを思い出しました。結構細かく皮を切ったのに舌触りがもうひとつでした。

そこでミル&ミキサーの登場です。ゆずの皮を入れてスイッチオン。あっという間にみじん切りになりました。

ミル&ミキサーは娘のものでお菓子造りに利用しています。私は初めて使ってみましたが便利なものです。

 

みじん切りの皮は、2回ほど煮こぼします。で、「煮こぼす」ってのがわからない。

調べると、『ひたひたの水に材料を入れ沸騰してから、材料を引き上げ、またひたひたの水に材料を入れ火にかけるという作業・・・』

え、ちょっと待ってよ。材料を引き上げるってもみじん切りのものをどうやって??お湯と一緒に流れてしまうんでは???

と思いましたが、思い切って茶こしで受けたらなんとかお湯だけ捨てることができました。

『案ずるより産むが茶こし』・・・・ってここから(笑)

 

煮込み工程

みじん切りのゆずの皮、ゆず果汁、砂糖を混ぜて片手鍋で煮込みます。

あ、砂糖はゆず皮と同グラムにしました。

ようく混ぜて火にかける前に少し味見してびっくり!まず甘さが来て、その後から鮮やかな酸味が来て、美味しくなると確信しました。

そんなこんなで火にかけ沸騰したら、アクを取って10分くらい煮込みます。

粗熱を取って小瓶につめて完成しました。

さっそくトーストに塗ってみましたが今まで食べた市販のマーマレードよりもはるかにおいしい出来でした。