侃々諤々、喧々囂々、喧々諤々・・・

目が痛くなってしまいそうな四時熟語です。さて、どんな読みと意味と違いがあるのでしょうか。


スポンサーリンク

侃々諤々

火星人鰐型のロボットを連れて攻めてきた様子」と表現した古い友人がいました。

違いますよ。「かんかんがくがく」と読みます。
意味は、「正しいと思うことを堂々と主張する様子。また、盛んに議論する様子」です。

侃々は、剛直で信念を曲げないこと、頑固親父(がんこおやじ)みたいなものですね。
諤々は、正しいと思うことをはばかることなく直言する様子です。

168300

政治の世界も、本当の侃々諤々の姿勢と論争を繰り広げて国益を追求してほしいものですね。

 


スポンサーリンク

喧々囂々

「けんけんごうごう」と読みます。

意味は、大勢の人がやかましく騒ぎたてる様子です。残念ながら現在の国会での野党は、こちらではないでしょうか。
揚げ足を取り、必要な議論からは逃げまどい、自らのことはほっといて重箱の隅をつついていますよね。どこの国の政治家なのかと疑ってしまう政治家が多いです。

喧々は、口やかましいことで囂々は、やかましいことです。「非難囂々」などと使います。

非難囂々は、「ひなんごうごう」で騒がしくうるさく非難することです。

be805ff5b2718c5c64fbd263e5d9a952_s

こちらは最近のネット社会を連想します。何かあるととネットユーザーが追求し、犯人特定に勤しみます。そうして見つけた情報を拡散します。それはいいのですが、時として間違って特定してしまうと、その情報は一人歩きしてしまい、なんの関係もない二次被害が発生することもあるようです。

わずかでもネットに関わっている身としては肝に銘じておきたいことです。

喧々諤々

さて最後に控える喧々諤々は、「けんけんがくがく」と読みます。

先に説明しました、喧々諤々を思い出しましょう。

喧々は口やかましいこと諤々は、正しいと思うことをはばかることなく直言するをつなげると、正しいと思うことをはばかることなく、口やかましく述べる・・・・?ちょおと違和感がありますよね。

そうなんです。喧々諤々(けんけんがくがく)は誤用なんです。侃々諤々(かんかんがくがく)喧々囂々(けんけんごうごう)を混同してできたものなんだそうです。

使う機会があれば覚えておいたほうがよいかもです。

 

こんな記事を書くと日本語の奥深さに感心させられてしまいます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


スポンサーリンク