日本国民が一番期待したんじゃないかと思える安倍政権でしたが、ここまで来てなんてことをするのでしょうね。

そもそもでっち上げの話であり、毅然として無視すれば上げた拳のやり場に困るのは韓国であるはずです。それを唯々諾々と、謝罪し、金を出してきたから今でも舐められている日本なのです。

安倍総理は、そのことを意識して行動できる最初のリーダーだと、多くの国民が期待していたと思うのですが、こんな結果になって脱力感が大きいです。

慰安婦


スポンサーリンク


 

当事者たちは

「慰安婦問題に終止符を打った」安倍首相と岸田外相

こんな外相同士の口約束で終止符を打てるものなら、もっと早くに終結していたでしょう。

終止符を打ったのではなく、国を売ったことになるのではないでしょうか。

「終止符ではなく日本敗北の歴史の始まり」(ネットより引用)

586px-Shinzō_Abe_April_2015

 

自民党内からも批判

「日韓関係を悪化させたのは、韓国だ。わざわざ韓国まで行って妥協する必要はない」自民党原田義昭氏:産経ニュース

党内からでさえこのように意見が出るのに、どうして?と疑問です。

 

先輩売国総理は

「解決のめどがついてよかった、日本政府が素直に責任を認めた」村山富市氏:産経ニュース

でっち上げの被害に対して責任を認めたことになってしまっています。詐欺にあった被害者が謝罪して、賠償金を払って、世界から詐欺犯の方が正しいと認識されることになってしまいます。

この売国奴から好評価されることがどういうことか安倍総理はわかっていないのでしょうか?


スポンサーリンク


 

青山繁晴氏

日韓合意の前日に下記記事を書かれています。

再登板後の安倍政権は、いちばん大切な支持層を喪います。

 

国民の声

「安倍さんだけは歴代総理とは違うと・・・」

「国民を欺いた安倍政権」

「朝日の捏造のツケを国民が払う十億円・・・」

「安倍の選挙目当て?」

選挙目当てではないでしょうね。確実に支持を失うだろう、と思ったら

ヤフーニュースで、アンケートやってます。

「あまり評価できない」「全く評価できない」合わせて74%です。(12/29、12時現在)やっぱりと思うと同時に先の青山繁晴氏の記事が正鵠を射ていますね。

 

最後に

安倍総理には、国民にわかるように説明を求めたいです。納得行く説明が出来ないのなら退陣していただきたいです。

今回は、落胆を黙っていることができず、記事にしました。こんな小さな声でも、少しでも発信されることが日本の将来にお役に立てるのだと信じています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


スポンサーリンク