朝飯前(あさめしまえ)なんて言いますよね。「そんなことならお安い御用だ。」とか、「簡単にできるよ。」位の意味ですよね。

どうして昼飯前(ひるめしまえ)や夕飯前(ゆうめしまえ)ではないのでしょうか。
2247d1ece980ac7f4421816300d9783e_s

 


スポンサーリンク

朝飯前の語源

朝食を食べる前は、目覚めて何も食べていない状態なので力が出ず、また時間もないため、簡単な仕事しかできません。

江戸時代ころは、1日2食でした。なおさら力が入らずそんな状態でもできる簡単な仕事という事が語源なのです。

 

朝飯前の類語は

  • お茶の子さいさい
  • 屁の河童
  • お安い御用
  • お手のもの
  • 楽勝

などなどです。

「お茶の子さいさい」の語源を説明すると、「お茶の子」とは、お茶受けに出す茶菓子のことです。簡単に食べられてお腹に残らないことから簡単にできることの例えになりました。
「さいさい」は民謡などの囃子(はやし)で、これをつけることでより軽快にことをこなすイメージですね。

 

現代では「楽勝」が一番、耳になじんだ言葉かもしれませんね。

 


スポンサーリンク

朝飯前を英語で言うと

朝飯前を英語にすると「piece of cake」となります。一切れのケーキですね。

なぜ、一切れのケーキなのかと言うと、ぺろりと食べてしまえるからです。
「お茶の子さいさい」と一緒の思想ですね。


Can you do the job?(その仕事大丈夫?)
That’s a piece of cake.(朝飯前さ・どうってことないよ)

ってところでしょうね。

77cfb2e14a2226ab3f307983ede4d21c_s

他にも

as easy of pie
(パイを食べるくらいに簡単に)とも言います。


It’s as easy as pie.
(そんなこと簡単です・朝飯前ですよ)
と使います。

写真はアップルパイです。これだけ大きいと簡単には食べられないような気もしますが・・・。

apple-pie-555624_640

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク