スポンサーリンク


 

事件の概要が徐々にですが明らかになりつつありますね。

手口は、患者役に受診するように指示し、初回だけ受診させ、その後はその保険証を使って何度も通院したとする架空の施術記録を作成し、都内の自治体など健康保険事業を運営する「保険者」100機関以上に療養費を架空請求し、だまし取るもの。その総額は1億円を超えるとみられる。(livedoor news)

不正請求金額について

接骨院の診療費請求は1回3000円程度ではないかと思います。3割が本人負担となり、保険に請求する金額が約2000円になります。週4回通院して施術したことにして保険請求すれば、

2000円✕4✕4(週間)=32000円

保険証を貸したニセ患者役に月5千円から1万円の報酬とのことなので32000円を不正請求して5千円から1万円を報酬としていたってところでしょうか。

不正請求の総額が1億円とされていますが、期間が不明です、期間を6ヶ月とすると1ヶ月に1600万円の不正請求になります。

1600万÷32000=500(人)

500人のニセ患者役がいればなりたつ計算ですね。『数百人単位のニセ患者を集め、虚偽の申請書を提出していた。』(ヤフーニュース)との数字ともマッチしますね。

この項は、独断と偏見に基づいた試算です。実態とはなんの関連もありませんのであしからず。


スポンサーリンク


 

美人女医とは?

疑惑の美人女医は、あちこちのサイトを見ていても脇坂恵理子さんで確定ではないでしょうか。彼女は、2014年ころにも診療報酬不正受給を噂されていたようですね。所属事務所からクビになったとの報道もあります。

 

医師でタレントの西川史子(44)が8日、TBS「サンデー・ジャポン」(日曜前10・00)に生出演。偽の患者を使って医療機関などの診療報酬を不正に受け取っていたとして、今月6日に指定暴力団住吉会系組長らが詐欺の疑いで逮捕された事件で、6日付の一部スポーツ紙が不正受給に関与した疑いがあるとして「有名女医タレント 逮捕へ」と報じたが「私じゃない。そもそも開業していないので、これはできない」と否定した。(ヤフーニュース)

当初、「30代の女医」って報道がありました。ですから、「私は30代じゃないから」と言えばいいのに(西川先生は44歳)、「開業していないから」とおっしゃるところが西川先生のお茶目さかもです。(笑)

 

他には、香山リカさんの名前も囁かれていました。あるサイトでは、「この人が逮捕されればいいのに」との書き込みがありました。嫌われていらっしゃるようですね。

 

吉本芸人

吉本芸人は、今のところ「しあつ野郎」と報道されています。芋づる式に芸人が出てくるのではないでしょうか。楽しみです。

アルバイト感覚で参加したニセ患者の中には、タレントやお笑い芸人もいるといい、芸能界に激震が走る大事件に・・・(東スポ)

数千円~1万円程度の金で参加した結果は、とんでもないことになりそうですね。そんなことにも気づかないおバカが数百人いたんですね。ぜひとも浄化のきっかけにして欲しいもんです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


スポンサーリンク