目から鱗が落ちるといいますよね。

その意味を深く考えた事がありませんでした。

どうして鱗なんでしょう。諺の雑学の本にあったので紹介します。


スポンサーリンク

目から鱗が落ちるとは

今まで知らなかったことに気づいたり、本質を理解した時に「目から鱗が落ちる」って使います。

湯気なんかで曇ったメガネを吹いたらスッキリしてよく見えるくらいに思っている人が多いんじゃないでしょうか。

でも鱗が落ちるのですからもうちょっとレベルの違うことなんでしょうね。さてどこからこんな言葉が???

目から鱗の由来

「目から鱗が落ちる」はもともとは、新約聖書「使徒行伝・第九章」に「ただちに彼の目より鱗のようなものが落ち、見ることを得・・・」が出典なんだそうです。

彼とは、サウロと言う人で後にパウロと名乗りイエスの伝導者となる人です。サウロはもとはイエスの迫害者だったのですが、天からの光を浴びて目が見えなくなったのです。

ところが、イエスの弟子アナニアからイエスの啓示を聞いてまた目が見えるようになったそうです。その瞬間を「鱗のようなものが落ち」とされているのだそうです。

では鱗とは

残念なことに鱗が何だったのかは聖書にも書かれていません。ですが、単に曇ったメガネが・・・ってレベルではないようですね。

 

何の気なしに使っていた諺が、新約聖書が出典だったなんて知って目から鱗が落ちました。

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク