スポンサーリンク

 

選挙が近づくと選挙カーがやかましくなります。ほとんどの人には騒音と感じるのではないでしょうか?「赤ちゃんがやっと寝付いたのに・・・。」とか「勘弁してよ、今夜は夜勤だから今寝ときたいんだよ」とか思う人が多いのかなと思います。

そんな選挙カーはどうしてあんなに大騒ぎしてしかも政策なんか語らないのでしょう。調べてみました。

選挙カー

選挙カーが走り回り、「清き一票を」とか「〇〇をよろしく」とか連呼しています。昨日も某政党の選挙カーが「学生のみなさん、こんにちはー!」と叫びながら走り回っていました。呼びかけられた学生は、きょとんとして見ていましたね。

 

国民は本当のところはこの国がどうなっていくのかを一番知りたいのに、選挙カーからは「〇〇をよろしくー!」とか「男にしてください!」とかわけわかんねえことで騒いでんじゃねえよ・・・と思います。

それも朝から夜までね。

 

選挙カーの時間

さて、選挙カーの活動できる時間は制限されていないのでしょうか?

公職選挙法第140条の2 何人も、選挙運動のため、連呼行為をすることができない。ただし、演説会場及び街頭演説(演説を含む。)の場所においてする場合並びに午前8時から午後8時までの間に限り、次条の規定により選挙運動のために使用される自動車又は船舶の上においてする場合は、この限りでない。

・・・と選挙カーでの連呼は午前8時~午後8時までは認められています。12時間も、声をからしてがんばっているのだからぜひ投票に行ってあげましょうって??そうはいきませんよね。

 

選挙カーのうるさい連呼

当選したら何をしてくれるのか、北朝鮮による拉致被害者を救出するためにどんなことをするつもりなの、って知りたいのに、どうして名前ばかり連呼するのでしょうか。

 

こちらも法律で決まっているってからと聞いたら、驚きじゃありませんか?

公職選挙法第141条の3 何人も、第141条(自動車、船舶及び拡声機の使用)の規定により選挙運動のために使用される自動車の上においては、選挙運動をすることができない。ただし、停止した自動車の上において選挙運動のための演説をすること及び第140条の2第1項(連呼行為の禁止)ただし書の規定により自動車の上において選挙運動のための連呼行為をすることは、この限りでない。

 

つまりですね、「選挙カー」(選挙運動のために使用される自動車)の上では選挙運動しちゃダメ。

 

でも、停止した選挙カーの上での演説はいいよ。選挙カーの上での連呼行為は、認めるよ。

もっとかいつまんで言うと、演説は選挙カーを止めてならいいよ、走ってる最中は連呼だけにしてね・・・と言っているのです。

 

これでわかりましたね。応援したくなんてとてもなれないような連呼をこぞって繰り返す、立候補者と支援者たちの謎の行動の意味が・・・。笑