防災グッズを調べてみた。

 

防災グッズリスト

□ 水3L(1人1日分)
□ 食料
□ 缶切り・ハサミ
□ 食器類
□ 衣類
□ タオル・バスタオル
□ 薬品・包帯等
□ 常用している薬(あれば)
□ 生理用品
□ 懐中電灯
□ ラジオ
□ 予備電池
□ ライター・ろうそく
□ カセットコンロ
□ 予備のガスボンベ
□ 石鹸
□ ポリ袋
□ 軍手
□ 地図
□ コンパス(方位磁石)
□ ロープ
□ 現金(小銭要)・・・公衆電話
□ 通帳
□ 身分証明書
□ 筆記用具

ざっとこんなところかな。他には、折りたたみのトイレ、手動発電機、ナイフ、バール(倒壊家屋をこじ開ける)、斧(同じく)、縄梯子(2階以上に居住)、底厚の靴(瓦礫の中を移動)、ヘルメットなどの意見もある。

2011年の東日本震災の避難所では、水不足だった。そのため、食器にラップをかぶせて食料を入れ、食後にラップを捨てるという方法で食器を洗わずにすましたと言う話を聞いた。ラップもぜひ入れてほしい。

 

防災グッズをそろえる順序

気持ちはわかるけど、足場の悪いことが予想できる中でこんなに持ち出せない。自分のいる地域、家屋、家族の状況を考慮して準備するべきだろう。

居住する地域では、避難施設までの距離や設備によって必要なものや不要なものが出てくるだろう。

居住している家屋によっては先に出てきたバール、斧.などの必要性もあるかも知れない。

家族に高齢者、幼児、病人がいれば影響は大きいし、逆に子供がある程度成長しているなら持ち出し品は小分けしてみんなで運ぶことを考えたほうがよいだろう。

『被災時に脱出したが、避難所で防災グッズの不足で命を落とした人を聞かない。だから防災グッズを準備するのは大切だが、身軽に脱出することが大事』
これは現実的で参考になる意見だった。

緊急時に身軽に持ち出せるもの・・・身分証明・通帳・現金・懐中電灯・手袋などをひとまとめにして、避難生活で必要となるそれ以外のものは、取りに」もどることを考えに入れて準備するのがいいのじゃないかと思う。

 

飲料水は

飲料水は、大きめのペットボトルに入れて取りにもどるつもりで冷暗所に保管ってのもありだろう。

ただし、『汲み置きした水道水からは、残留塩素が徐々に減少し、細菌の繁殖リスクが高まり飲料水に適さなくなる』ことを知ってなくちゃいけない。夏場で3日程度、冬で10日程度らしい。

面倒でもこの期間を過ぎたら入れ替えて新しくしなきゃいけない。

もっとも、この辺りは食料品でもそれ以外でも、永遠に品質が持続するわけじゃないから日頃の点検・交換が大事ってことなんだね。

他にも、毎夜お風呂に水をちょろちょろと出してためておいて何事もなければお風呂に使う。災害発生時には飲料に適さなくてもトイレには使える。

 

自販機の利用(おすすめ)

「災害支援型自動販売機」を最近見かける。

『自動販売機に搭載された電光掲示板に災害情報を流したり、本体に残っている飲料を無償で提供したり・・・』(コカ・コーラシステム)

『その公共性の高さから、主に緊急時の避難場所に指定されている地域の学校体育館や公共施設、病院などが中心と・・・』(コカ・コーラシステム)

とのことだが、まだ設置台数は少ない。常日頃からこの自販機を見かけたら記憶しておいて緊急時に利用するのもありだろう。「災害支援型自販機地図」を作成し、家族や職場で共通認識にするのもいいだろう。

まとめ

災害はいつやってくるかわからない。規模だって想定外になることのほうが多いだろう。だから、考え方を固定せず柔軟な思考で対処すべきだ。幸いにも現代は、ネット環境で様々な情報を得ることができる。少しづつその情報を得て万一に備えたいものだ。