韓国の接待禁止法、ランパラッチというのが笑える

損失年間1兆円!韓国社会揺るがす「接待禁止法」騒動…高額報酬狙う韓流“ランパラッチ”って!?(産経)

接待や付け届けが根付く韓国で、社会を揺るがす法律が9月28日施行された。公務員や議員、教師、記者への金品提供や接待を事実上禁じる「不正請託および金品授受の禁止関連法」(通称・金英蘭=キム・ヨンラン=法)だ。(同上)


スポンサーリンク

接待禁止法「通称:金英蘭(キムヨンラン)法」とは

公務員らが2700円を超える飲食接待を受けることを禁じていて、その配偶者が接待を受けるのもダメなんだそうです。

他にも贈答品は4500円、慶弔費は、9000円などの上限があるのだそうです。

通称は、同法の必要性を提起した国民権益委員会の当時の金英蘭委員長の名前からなんだそう。

違反すると、提供者、受領者の双方に授受額の2~5倍の罰金なので、5000円奢ると、1万~2万5千円程度になるってことですね。

金額が大きくなると罰金だけじゃすまなくって、授受額が1回に9万1500円、年間で27万4500円を超えると懲役刑(3年以下)って半端じゃないですね。

法律の目的は、韓国社会に蔓延(はびこ)る不正、汚職の根絶ってことらしいですが、そりゃひどい状態なんだろうなって想像できますね。なにせ、あの韓国ですからね。

韓国の実態

韓国では、社会のすみずみまで根深く接待や付け届けが浸透。韓国メディアなどによると、学校には子供の好評価を得ようと寸志として金品を教師に渡す慣例があり(産経)

子供の好評価を得るために付け届け?そんなものを親が始めると親同士で引っ込みつかなくなって金額競争が始まるんじゃないでしょうか

子供同士でも気持ち悪いライバル心が生まれそうですね。そんな子供いらないと思います。


スポンサーリンク

法施行すると

 

公務員などにも接待や付け届けの文化が定着していたといい、ハンギョレ新聞は、「事実上、韓国5千万人の暮らしが変わるといっても過言ではない」と指摘している。(産経)

 

韓国5千万人の暮らしが変わる??同国の新聞が言ってるのだからそうなんだろうが、ひどい話ですよね。自覚はできるが、自ら改善はできない国民性なんでしょうか。法律を作ったのだからまだまし、ですか。

東亜日報によると韓国経済研究院は、法施行による経済損失を年1兆440億円と試算。飲食業だけでも年7641億円、ゴルフ業の損失規模は990億円、流通業の損失規模は1773億円になると見込んだ。(産経)

不正・汚職を根絶しようという法施行によって、経済損失が試算されるってどういうことなんでしょうね。不正・汚職を放置したいとでも言うのでしょうか。
この国の論調はよく分からないですね。

”これだけの経済損失が見込まれるが、国民は耐えて正道を!”ってことでも無いようですしね。

ランパラッチとは

違反の申告者には最高1800万円の報奨金を支払う制度のほか、違反摘発が国家財政に貢献したと認められれば別途最高2億7千万円も支払われる。

 

この多額報奨を狙う人たちを対象にした証拠映像の撮影技術を教える教室が繁盛している。

 

超小型カメラや盗聴器を駆使して一獲千金を狙う人たちが腕を磨いていることから、韓国では金英蘭(キム・ヨンラン)法とパパラッチを合わせた「ランパラッチ」という造語も登場している。(産経)

ここがこの国らしいですね。”他人の不幸・不運なんてどこ吹く風”で金儲けに走る国民と撮影技術を教える教室!!!

 

超小型カメラ盗聴器を駆使して一攫千金を狙う人たちが腕を磨く・・・ここで笑わなければどこを笑うってくらいの記事です。

”身を謹んでお国のために”なんて思想・心情は、かけらも見えません(笑)。
たくましいと言えば聞こえが良さそうですが、浅ましいと言ったほうよいですね。

日本人としては、他山の石または人の振り見て我が振り直せといったところでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク