スポンサーリンク

ヤフーニュースで目にしました。

「防犯ブザー、使用をためらう子も」

 

防犯ブザー・・・、うちの子も持っています。(小学4年生)

1週間ほど前に、嫁に
「防犯ブザー壊れたので、新しいのを買ってきて」
と言われ。買ってきたところです。

800円と1000円とあったので、実用品だからと思い、安い方にしました。笑

ただ、疑問も感じまして・・・。この記事はその疑問に答えてくれていました。

防犯ブザー

防犯ブザーは危険を感じた時に、ひもをひっぱたりボタンを押したりすると、大きな音が鳴る。周囲に身の危険を知らせたり、不審者をひるませたりする効果が期待され、広く普及している。(ヤフーニュース)

 

セコム研究IS所によると、騒がしい場所ではブザー音が周囲に届かないこともある。85デシベル以上のものが好ましい。(〃)

よかった、90デシベルのを買ってきました。

考えてみたら、古い防犯ブザーだって鳴らして確かめてもいません。

気休めにしかなりませんね。

 

緊急時の防犯ブザー

防犯ブザーは、ひもを引いたり、ボタンを押したりと操作は単純でも、恐怖にひるんでしまい、とっさに鳴らせないこともある・・・:、同記事は続きます。

それなんですよ。防犯ブザーを買ってきて、
「ハイよ」と子供に渡して、
それで使えるのかな?と思っていたのです。

 

「親が、不審者の役をして子供に近づき、子供が自然に防犯ブザーを鳴らせるように訓練すると良い」

なるほどね、そこが大事ですね。

防犯ブザーを取り付ける位置

ランドセル側面に付けている子供が多いが、とっさに手が届きにくい。肩ベルト前面とか、ズボンのベルト穴に付けたほうが手が届きやすい、成長に合わせて見直すと良い。

やっぱり、イザって時に効果を発揮するように考えなくてはいけませんね。

うちの子供もランリュックの下部(背負ったらおしりのあたり)につけています。
すぐに使えるか確認しておかなきゃですね。

防犯ブザーの故障

国民生活センターの調査によると(2013年)、子供が使用していた防犯ブザー139個のうち、半数以上に故障・電池切れがあり、使用できなかった。

なんのための防犯ブザーだったのかって思いますよね。

1~2ヶ月に1回は、確認する必要がありますね。これも親の責任ですね。

子供が気を使う

「怖い人だと思って防犯ブザーを鳴らしたら、親切な人だったりして迷惑をかけないだろうか???」

と逡巡(しゅんじゅん)する子供もいます。

うちの子に聞いてみました。

「相手に迷惑じゃないかって思う?」
「思う!」
即答でした。

「もし、そんなことになったら、お父さんもお母さんも相手の人に謝るから。」
と子供に説明しておく・・・のだそうです。

記事にしながら心が痛いです。

 

子供を大事に思っているつもりでいましたが、こんなことでは。

 

「憲法九条があるから戦争にならない」
と思っている人々を笑えませんね。
「防犯ブザーを渡しとけば、子供が犯罪被害に合わない」
と思っている私としては・・・。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

    スポンサーリンク