2014年12月の記事一覧

鍋奉行

フリーペーパー見ていたら、「鍋奉行度Check」ってページがありました。

□ どの味の鍋にするか自分で決めたい
□ 市販の出汁を使うなんて信じられない
□ 調理前の具材を美しく並べたい
□ 土鍋・鉄鍋など鍋そのものも使い分ける
□ 白菜が煮えていないのに食べ始めるのは許せない
□ この時期(冬)の口癖は「鍋しよう!」だ
□ 「ちょっと、その肉、まだ生!」と言ってしまう
□ 具を皆に均等に振り分けることに情熱を注ぐ
□ 「煮込んでいる最中に蓋を取るな!」
□ シメをどうするかにまで気をつかう

チェック数0~3
おとなしく取り分けてもらって食べよう

チェック数4~7
鍋奉行の素質あり

チェック数8~10
立派な鍋奉行、活躍期待

っていうんだがおバカな記事ですね。

 

そういえばそんな言葉 ”鍋奉行” もあったなと調べてみたら

『鍋料理で、仕切る人のことを言う。大きくは自分で作ってしまう人と、入れる具材の順番の指示や解説をする人にわけられる。基本、鍋奉行は仕切りたがる人のことであり、料理に長けているとは限らない。仕切りたがることに皮肉の意味で”鍋奉行”と呼ぶことも多い。』

ふーん、そうだったんだ。鍋料理の知識があるのを披露してるんだとは思っていたが「仕切りたがり」への皮肉の意味合いが強いとは思っていませんでした。

 

その他、鍋奉行については

鍋奉行をする人

「本当はやりたくないが、ほっとくとメチャクチャになるのでしかたなく・・・」
「いつの間にか鍋奉行をやっているけど、ホントは良い頃合いの具材をこっそり食べる悪代官をやりたい・・・」
「鍋奉行をおしつけといて文句だけ言う人もいる」

 

鍋奉行ウザイって思う人

「勝手に皿に入れるな!好きに食わせろ!」
「”みんなが美味しくを食べれたのは、私が上手いから。私はまだちょっとしか食べてないのに” って何様だ!」
「誰がねぎの下に肉を隠して運んだか」をチェックする人(笑)

いろいろあるようです。
皮肉については、普段の、特に職場でのお付き合いから始まってるのじゃないかと思います。自己中心的で仕切りたがり、だと思われていないか注意が必要かもですね。
鍋奉行をする側もしてもらう側も、お互い様と言う気持ちでいたいものです。

 

また、鍋奉行以外にも焼肉奉行、お好み焼き奉行などあるらしいです。

 

鍋の種類

こちらもいろいろとありまして、

第一分類(メイン)

水炊き
主に九州・関西。水で鳥・野菜を煮込み、ポン酢で食する。

おでん
煮物料理だが鍋料理にも分類される。醤油+出汁でおでん種を煮込む。大根・ちくわ・ゆで卵・こんにゃくなど。

寄せ鍋
塩・醤油・味噌で味付け。野菜・肉・魚介類など。

すき焼き
醤油・砂糖で味付け。浅い鉄なべで焼く、または煮る。牛肉・シラタキ・麩・豆腐など。

しゃぶしゃぶ
薄く切った肉を沸騰した出汁をくぐらせゴマダレ・ポン酢等で食する。

ちゃんこ鍋
大相撲における独特の鍋料理。水炊き・スープ炊き・塩・味噌などの味付け。肉は二本足で立つという縁起から鶏肉が主だそうです。対して4足動物は四つん這いで負ける(手をつく)イメージから過去には使われない時代もあったとか。

 

ここらあたりまでは超ポピュラーですよね。

 

 

続いて

第2分類

石狩鍋
北海道。味噌仕立て、酒粕・バターなど隠し味も。鮭・ジャガイモ・大根・にんじんなど。

あんこう鍋
東日本特に茨城県。味噌味・醤油味・どぶ汁・漁師風どぶ汁の4種類。オスのアンコウは小さく商品価値が低い、料理に使われるのはメスのアンコウ。

きりたんぽ鍋
秋田県の郷土料理。米を潰して杉の枝に巻き付けて焼いた、ちくわのようなきりたんぽを鶏がらの出汁に入れて食べる。

牡蠣(カキ)の土手鍋
広島県の郷土料理。鍋の縁(ふち)に味噌を塗り付け、牡蠣・野菜・豆腐等を煮る。

ふぐ鍋
ふぐちりとも呼ばれる。関西ではテッチリと言うが、ふぐには猛毒があり当たると死ぬことからふぐを鉄砲と呼び、「テッポウのチリ」からこのような呼び方になった。

深川鍋
東京の郷土料理。あさり・ネギ・油揚げ・豆腐などを味噌で煮る。

柳川鍋
江戸生まれの料理。開いた泥鰌(どじょう)を笹掻きゴボウと共に甘辛く煮て卵で閉じる。

はりはり鍋
関西地方の料理。鯨肉と水菜以外は入れない。ポン酢で食する。水菜のシャキシャキとした食感から「はりはり」と表現された。

もつ鍋(ホルモン鍋)
福岡市の郷土料理。牛・豚のもつ・ネギ・ニラ・キャベツを醤油・味噌で味付けする。

ぼたん鍋
猪の肉を用いた日本各地にみられる鍋料理。江戸時代に獣肉食が禁じられていたため、花札の猪の札の牡丹を隠語として用いた名前。
野菜・根菜・キノコ・こんにゃく・豆腐等とともに猪肉を煮る。味付けは各地によりさまざま。

さくら鍋
馬肉をすき焼きのように食べる。明治初期から続く東京の伝統料理。勢力をつける料理で色街の近くに多かった。馬肉をしゃぶしゃぶのように食べることもある。

 

このへんは、食したことはないかもですが、聞いたことはあります。

 

まだ続きますよ。

第3分類

飛鳥鍋
奈良地方の郷土料理。鶏がらの出汁に牛乳を加え、まろやかさを出す。具は普通の鍋料理と同じ。

唐々鍋
兵庫県姫路市で1974年に発案・開発された、ご当地グルメ。ホルモン・肉だんご・白菜・ワカメ等を辛く味付けする。

井上鍋
市販の焼肉のたれを出汁として使用した鍋料理。インターネット等、口コミで広まって人気を博した。

 

こうなってくるとなにがなにやらですね。

いろいろな鍋料理を調べて、食材を調達して、披露すると尊敬される「鍋奉行」になれるかもですね。ご家庭や、職場その他の親しいお仲間向けにどうでしょうか。

 

 

未分類

ガスコンロを買い換えた

引っ越しとともにガスコンロを買い換えました。今まで3口だったけれど奥の1口はほとんど使わなかったので2口のコンロにしました。

ところが使っているうちに気づいたのだが、ごとくの中央になんかあるのです。ポールのように屹立している。

Jpeg

 

こんなのです。調べてみると「siセンサー(温度センサー)」と言うらしい。

『平成20年より製造されるガスコンロはすべてのバーナーにセンサーを搭載したSiセンサーコンロとなりました。進化を遂げ、安全性の向上・・・』(日本ガス協会から引用) なんだそうです。

鍋底に密着して、鍋の温度が高温(250℃程度)になると弱火になり、このまま経過すると消火してくれるのだそう。

ちなみにSは「Safety(安全)」、「Support(便利)」、iは「intelligent(賢い)」だそうです。

 

Siセンサーの評判

ネットで見ていると、高温で調理しているといきなり弱火になる、焼き網が使えない、ローストビーフ等の表面焼き入れができない、焼き鳥をどうしてくれる、などと評判は悪いですね。

センサー解除機能のついた機種もあるらしいが、250℃が290℃になっただけで不満は解消しないようです。

なるほどねぇ、みなさん料理にこだわりがあるのですね。私なんかこの邪魔ものに気づいたのが購入してから3か月後(笑)といういい加減さですよ。

 

私の不満

私は、Siセンサーの機能が邪魔だってわけじゃなく、存在が邪魔なんです。Siセンサーはスプリングで上向きに押し上げる構造でこれが困る。

当家ではダイソーの雪平鍋を使ってます。インスタントラーメンとかにはお手軽なんですよね。

Jpeg

 

この鍋は軽くて、空でコンロに置くと取っ手側に倒れます。で、時々なんだけどもこの鍋で少量の調味料を加熱しようとするとただでさえ不安定な鍋をSiセンサーが押し上げるのです。

少量ならでかい鍋を使え?そりゃーないだろうと思うのです。Siセンサーが安全のためだと言ってもこんな場合は考慮されていないんでしょうね。鍋が傾いて加熱している内容物がこぼれて、やけどってこともあると思うんだけどね。

 

対策を考える

ネットでは、Siセンサーを取り外すなんてことも話題になっています。ただ、私はその機能に不満じゃなくて、時々でいいので鍋を押し上げるのをとめたいのです。

調べてみると針金でセンサーを固定するとか、アルミホイルで固定するとか紹介しているサイトがありました。マネしてみたけど私が不器用なのか、センサーの形状が異なるのかうまくいきません。

で、針金で新たに作ってみました。

 

 

Jpeg

右側の丸い部分は、センサーの頭に引っ掛けるため、直径12ミリの円になっています。長さは45ミリ、これをセンサーにかけて下向きに押し下げようというわけです。

でどうなったかと言うと

その結果がこちら。

Jpeg

 

映りが悪いのですが、針金の円がセンサーの頭にかかり、その先をバーナー内部の金属に引っ掛けてあります。そうするとこうなります。(ちなみにこのセンサーの周囲にある丸い部分はバーナーキャップと言います。

 

Jpeg横から見ると

Jpeg

 

上の写真のSiセンサーの高さが下のようになるわけです。

Jpeg

ごとくより低くなったので鍋を持ち上げることはないですね。取り外しも簡単なので不要時は外してコンロの横にマグネットでつけてあります。

万一の事があったら自己責任なんでね、不用意な改造は慎まなきゃなりません。

おしまい。

 

 

 

未分類

頂いた柚子がまだ残っていて、シワシワになりつつありました。

捨てるのもなんだしと以前から調べて、「ゆずマーマレード」を作ろうと思っていました。マーマレードをそんなに好きなわけじゃないんだけど作りたいものがこれくらいしかありません。

10個程度残っていたのを今回、全投入して片付けました。

ゆず洗浄

シワシワになりつつあったので歯ブラシのきれいなのでゴシゴシ、シワの中の汚れを落としました。

一番面倒な工程でした。次回(があれば)シワシワにならないうちに処理しよう。

 

ゆずを解体

二つに切ってスプーンで中身をほじりだしました。皮と果実に解体です。

 

ゆず果汁を絞る

なぜ今まで放っていたかというと、ここがネックでどうやって絞ろうかと・・・。

ミル&ミキサーはあるのですが、ジューサーがなくて考え中でした。小さなジューサーを買いに行こうかと思いながらそれも面倒でね。

今回は、思い切ってすり鉢で潰しました。潰した果実を茶こしに入れて麺棒で押し付けるという大ざっぱな方法です。絞り切ることはできずもったいない結果でしたが、良しとしましょう。

 

後で調べると、こんな時には、ゆずをまな板の上などでコロコロと転がせば果肉がバラバラになって絞りやすくなるそうです。(先に調べろよ。)

ま、つたないながらも果汁を絞ってコップに保管です。

 

皮をバラす

ゆずの皮を包丁で細かく切り始めました。ここで、以前オレンジピールを作ったことを思い出しました。結構細かく皮を切ったのに舌触りがもうひとつでした。

そこでミル&ミキサーの登場です。ゆずの皮を入れてスイッチオン。あっという間にみじん切りになりました。

ミル&ミキサーは娘のものでお菓子造りに利用しています。私は初めて使ってみましたが便利なものです。

 

みじん切りの皮は、2回ほど煮こぼします。で、「煮こぼす」ってのがわからない。

調べると、『ひたひたの水に材料を入れ沸騰してから、材料を引き上げ、またひたひたの水に材料を入れ火にかけるという作業・・・』

え、ちょっと待ってよ。材料を引き上げるってもみじん切りのものをどうやって??お湯と一緒に流れてしまうんでは???

と思いましたが、思い切って茶こしで受けたらなんとかお湯だけ捨てることができました。

『案ずるより産むが茶こし』・・・・ってここから(笑)

 

煮込み工程

みじん切りのゆずの皮、ゆず果汁、砂糖を混ぜて片手鍋で煮込みます。

あ、砂糖はゆず皮と同グラムにしました。

ようく混ぜて火にかける前に少し味見してびっくり!まず甘さが来て、その後から鮮やかな酸味が来て、美味しくなると確信しました。

そんなこんなで火にかけ沸騰したら、アクを取って10分くらい煮込みます。

粗熱を取って小瓶につめて完成しました。

さっそくトーストに塗ってみましたが今まで食べた市販のマーマレードよりもはるかにおいしい出来でした。

 

 

 

未分類

この記事のきっかけ

マンションのベランダで野菜を作っている。と言ってもプランターを3個並べただけなので収穫ってほどでもないんだが・・・。

 

ほとんど思いつきで種を買ってきてこの数年で、ミニトマト・きゅうり・レタス・カブ・ピーマン・ナス・菜花・etcを植えてきたんだけど、プランター栽培について、少し本格的に調べてみようと思った。

 

プランターで簡単に収穫できる野菜、初心者向けベスト5は下記だ。

 

5位:枝豆

これを見て思い出した。作った覚えがある。あまり実ができず収穫は悪かったと思う、それが「簡単な5位」?

と思ったら、『やせ地で育つが実入りの時に水やりが必要』なんだって、それは無視して育てましたね、ハイ。

 

4位:ミニトマト

これは実もついたんだけど全部で10個程度だったと思う。

なぜ、実の個数まで覚えているかと言うと、男の子がベランダの前に来て、ミニトマトねだられたのね。あげたら、妹とお父さん、お母さんの分もねだられた。で、4個あげたら、おばあちゃんって言い出したので、「おっちゃん(私)とこの子供にもあげなくちゃ」とお断りした。

なんてつましい思い出なんでしょう。笑

トマトは、肥料を少なめにしたほうがよい野菜です。でもこんなことって初心者にはかえって難しいよね。本やネットで調べながら育てましょう。

 

3位シソ

これは植えたことがないのですが、日陰でも育つのだそうです。なのでトマトやナスの隣などでも植えられるそうです。ただし、種の発芽は光を好むようなのでご注意。

 

2位:トウガラシ

これも未経験だな。でもピーマンに近いですね。唐辛子・ピーマンは南アメリカの熱帯地帯が原産なので日当たりよく乾燥した環境を好みます。マンションのベランダは向いていますね。日当たりさえ確保できれば。

ピーマンの時はなにも手入れした覚えがない。それでも育つ野菜なんでしょうね。

 

1位:バジル

これはあまり興味がない。見た目もジミだし、料理を思いつかない(イタリア料理なんてとてもとても)。

バジルは、剪定すればするほど、枝数が増える。花を咲かせると、栄養分を奪われてしまいますので、花穂ができはじめたら、こまめに摘み取っていくことで、長く収穫を楽しめる・・・。

なるほど収穫にはよさそうですね。

 

で、今は・・・

現在は、4つのプランターで菜花だけを育てています。菜花の新芽を塩もみしてマヨネーズ和えしたのが最高に好きなのです。菜花の新芽がつく春先が待ち遠しいです。

未分類

メシマズ嫁って話題があります。

【カレーにバナナがゴロゴロ入っていた。嫁に聞くと「お母さんが隠し味にしてたから。」って言うけど、隠してねぇし・・・。】

【カキの天ぷらが出てきた・・・。もちろん果物の。】

などと笑える記事を見かけます。夫の命に関わったり、離婚騒動に発展したりと大変なようですよ。

ネタだろうとも思いますが、そのような「メシマズ嫁」が一定数存在するのでしょうか。
「メシマズ嫁の原因と弁護」の続きを読む »

料理

今年の漢字「税」が清水寺で同寺の森清範貫主の揮毫(きごう)により発表された。主催は日本漢字能力検定協会。

 

「税」?なんで?

消費税の関連だってのはわかるけれど、今年払っておしまいじゃあるまいし、毎年払い続けるのだから「今年の」漢字が「税」は違うような気が・・・。

 

ちなみにほかの候補はって言うと

1位・・・「税」

2位・・・「熱」

3位・・・「嘘」

4位・・・「災」

5位・・・「雪」

3位の「嘘」のほうがいいんじゃないだろうか。

万能細胞の小保方さん、現代のベートーベンこと佐村河内守氏、号泣県議の野々村竜太郎氏、これらお三方と「嘘」との関連が思い出される。

 

小保方晴子さん

20141月末にSTAP細胞を発表したが、様々な研究上の不正の疑義を持たれ、論文を撤回、研究成果科学的根拠を失った。記者会見での「STAP細胞はあります!」は悲壮な表情とともに印象に残った。

美人ゆえに擁護派も多く、当初は研究室での割烹着をマスコミが話題にしようとしていた。

 

佐村河内守氏

聴覚障害を持ちながら、交響曲「HIROSHIMA」などの作曲で脚光を浴びる。

が。2014年2月にゴーストライター新垣隆氏により暴露される。記者会見では、新垣隆氏に対して「名誉棄損で訴える」などと発言するが、根拠は薄く言い逃れに過ぎない印象だった。

 

野々村竜太郎氏

これはもう、こんな議員がいるってことが恥ずかしい・・・と多くの人が感じたのでは?号泣記者会見だけで一世を風靡(とは言わないんだろうね。)した?

 

というわけで今年の漢字は、独断と偏見で「嘘」とさせていただく。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未分類

柚子を頂きました。10個ちょっとあってどうやって処理しようかと思いました。

調べるといろんなのが出てくる、出てくる。笑

柚子の皮

柚子の皮は乾燥させると「陳皮(ちんぴ)」と言って高級調味料なんですって。

七味唐辛子にも使われているそうですよ。七味唐辛子の瓶を調べましたら「陳皮」って確かにありました。

柚子の皮を薄くむいて、中の白いワタを取り除きます。白い部分は苦いそうです。

この白いワタのことは「内果皮(ないかひ)」と言います。その外側の黄色または緑の部分は「外果皮(がいかひ)」です。

陳皮は、柚子の外果皮を乾燥させて作ります。皮にある透明のツブツブが香りが濃いそうで、ここを潰さないように注意しましょう。

剥いた皮は細く切ってお椀に浮かべるなど、香りづけといろどりに使います。

剥いた柚子の皮を乾燥させると陳皮です。冷蔵庫で保存すると変色もないそうですよ。もしも時間経ちすぎて変色したらお風呂に入れてみましょうね。

柚子胡椒

柚子の皮と唐辛子を50gづつ入れ、柚子の搾り汁を小さじ1杯程度加えます。

塩を小さじ1~2加えてミキサーで混ぜます。ペースト状になれば出来上がりです。

鍋物、炒めものなどに合います。

柚子胡椒は、もともと九州のご当地調味料なんだそうですよ。

柚子焼酎

柚子の実1kg、焼酎1.8L、砂糖700gを入れて2~3か月で飲めます。

甘目がお好きなら砂糖を増やしてくださいね。

柚子茶

柚子と同量の砂糖(または蜂蜜)を用意します。

柚子は薄切りにして種を取り除きます。

混ぜ合わせて、冷蔵庫に保存します。透明感が出てきたら出来上がりです。

10数個の柚子を頂いて「こんなにたくさんどうすんの?」と思いましたが調べてみるといろんなことができるんですね。調べてみなければ全部お風呂に浮かんでいたかもしれrません。笑

と言っても、きっと全部柚子焼酎になりそうですけれど・・・。

おしまい。

 

未分類

 

NHK総合「土曜スタジオパーク」

壇蜜が前職エンバーミングについて語る。

 

エンバーミングとは

遺体の洗浄、消毒を行い、表情を整え、必要があれば髭剃り等も行う。

動脈より防腐剤を注入し、静脈より血液を排出させる、胸、腹部に残った体液等を排出させ、防腐剤を注入する。

遺体に損傷個所があれば修復し、再度洗浄、遺族の希望により衣装をつけ、納棺する。

 

これらの処置により遺体は最大2週間程度、常温保存が可能になる。また防腐剤の交換などのメンテナンスを行えば生前の姿のまま保存展示ができる。

 

アメリカ南部ではエンバーミング率が95%、遺体の輸送距離によってエンバーミングを義務付ける州もある。

 

・・・ということなのですが、日本では、欧米キリスト教国のように火葬に対する抵抗がなく、遠距離地での死亡時も火葬後に遺骨を持ち替える、等の手段によりエンバーミングは定着していません。

 

 

 

壇蜜とエンバーミング

壇蜜さんは、母親と和菓子店を開こうと修行中の20歳前半に知人の死に出会いました。その死に対して深く考え、「死についてもっと知りたい」と思い始め、「エンバーマー(遺体衛生保全士)」という仕事を知ったそうです。

 

そうして葬儀専門学校でエンバーマー養成コースを受講し、その後、葬儀社で働きながら200体のご遺体と向き合われたそうです。

 

壇蜜さんは、葬儀社に勤めながらモデルとしてデビュー、芸能活動との選択にあたり、上司のアドバイスにより芸能活動を選択したそうです。

エンバーマーは日本では資格者を十分に受け入れるだけの需要がないとの情報もあり、そんなことも壇蜜さんの判断の基準だったのでしょうか。

 

それにしても、死と向き合う職業と芸能活動とは、想像しにくい組み合わせですね。「死と向き合う」のは人間的には相当大きな経験でしょう。人生観への影響は重いのではと思いました。

未分類