2015年3月の記事一覧

川崎中一殺害事件

18歳少年による中学生の惨殺事件は、2月の寒い中、裸で川を泳がせその後、カッターナイフで首を切るという残忍なものでした。

川崎中一殺害事件により「少年法」へのバッシングが始まりました。「少年法」で加害者が守られ、軽い刑で済んでしまうというものです。刑期の予想はよく見かけるものが「殺人で立件され、刑期10年~15年」とのことです。

「少年法」と刑期について調べてみました。
「川崎中一殺害・刑期・死刑・無期刑」の続きを読む »

未分類

川崎中一殺害事件が発生してから、「少年法改正」、「少年法いらない!」などの声が聞こえ始めました。「少年法」はどうなっているのでしょうね。

 

少年法

少年法とは、未成年者(20歳未満)に成人同様の刑事処分を下すのでなく、(原則として)家庭裁判所により保護更生のための処置や手続きを決めたものである。

その理念は、未成年者は人格に可塑性(かそせい)があり、教育等で更生する可能性があるので、処罰でなく、保護教育を行うべきと言うこと。
「川崎中一殺害 少年法 刑期、裁判の行方」の続きを読む »

未分類