2015年10月の記事一覧


 

またまた、中国人観光客のマナーの悪さが指摘されていますね。

「まるで上海だ、日本情緒がない」 顔をしかめ、予定を短縮する京都の欧米観光客・・・(livedoor NEWS)

 

日本人でなく、欧米の方たちが言っているのがすごいですね。彼らは、日本人の代わりに憤慨しているようですよ。

42dd1638a476f0c8d5f341ed3cc51d86_s

「中国人観光客のマナー、海外の反応」の続きを読む »

未分類


 

南沙諸島への米艦艇派遣に韓国が困っているようです。

米国海軍は中国が南シナ海の南沙諸島(スプラトリー諸島)近隣に造成中の人工島12カイリ(約22キロ)以内に艦艇を進入させる準備をしており出動待機中(中略)中国はこれに対抗し最近、南シナ海でミサイル発射訓練をしたとニュースサイトの中国新聞網が23日伝えた。ややもするとスーパー強大国間の武力衝突が引き起こされる恐れのある一触即発の状況だ。

 

これを機に韓国が米中間に選択を強要されている状況が近づいているという認識が広がっている。(中略)キム・ジュンヒョン韓東大学教授は「韓国が米国のように中国に向けて何を発表したり行動に出たりするのは望ましくなく、ただし断固たる原則は表明し続けるのが良いだろう」とした。

韓国中央日報10月26日

 

「断固たる原則」?どのツラさげて言ってるんでしょうね。「原則」どころか自分の都合しか考えていない国のくせに。

b3a6978cc458fd94fedb5556542ebf69_s

「南シナ海・南沙諸島での米中対立に挟まれる韓国」の続きを読む »

国際


 

南沙諸島に米艦艇が派遣される日が近づいているようです。

産経

米国家安全保障会議(NSC)のクリテンブリンク・アジア上級部長は20日、南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島に中国が造成した人工島周辺で米艦船を航行させる方針を日本側に説明した。 2015.10.21

 

毎日

南沙(英語名スプラトリー)諸島で中国が進める軍事拠点化に対抗して、オバマ米政権が米軍による「航行の自由」作戦を実施する見通しになった。中国が造成した人工島周辺の海域に米軍艦艇などを進入させることになれば、中国軍との偶発事故が発生する恐れもある。外交解決は不可能なのか。 2015.10.25

 

朝日

オバマ米政権が、中国が南シナ海で埋め立てた人工島から、国際法で領海とされる12カイリ(約22キロ)内に、米軍の艦船または航空機を近く派遣する決断をしたことがわかった。 2015.10.22

 

 

空母2

写真は、米海軍原子力空母ジョージ・ワシントン(左)と海上自衛隊ヘリコプター搭載護衛艦ひゅうが(右)です。
「南沙諸島への米艦派遣、その時中国は?日本は?」の続きを読む »

国際


 

「悲喜こもごも」って、時々聞くけれどあまり使わないのではないでしょうか。でもそんなレベルの言葉にはご用心、ちょっと使ってみようと思うと誤った使い方をしかねません。

意味と使い方をまとめてみました。

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s63b83de9d358ff4f7448d302e601c062_s

写真はガッツポーズ(?)の女性と泣いている女性・・・、そのまんまですね。

「悲喜こもごもの意味と使い方について」の続きを読む »

日本語


 

プロ野球12球団の監督は、巨人を除いてすべて決まりました。球界の盟主とも言われる巨人軍が最後まで残るというのはなにかの因縁なんですかね。

巨人は前監督の退任と新監督の就任を同時に発表するなど、これまで監督不在期間がないのが伝統だったが、後任選考には時間を要するとみられ、巨人では異例の“監督空位期間”が生まれることはほぼ確実だ。(livedoor NEWS 10月 20日)

ま、「球団が高橋由伸氏に一本化」との報道もあり、近々には決まると思われますがね。

 

e46d78f49577516178361cd0fac1d6cc_s

「巨人新監督は高橋由伸?」の続きを読む »

未分類


 

アレックス・ラミレス氏が、DeNAの新監督に就任しますね。球団としては、大洋、横浜時代を通じて球団初の外国人監督になります。

中畑清監督が最下位の責任をとって辞任、球団は、後任を検討してきました。中畑監督の野球を継承することが最優先事項だったようでラミレス氏は、2年間中畑体制で手法を務めたこともあり、決定したそうです。

中畑監督は、就任1年目に最下位、2,3年目に5位でしたが、今季は、前半戦首位、終わってみれば最下位と大失速の結果を受け辞任したそうです。

球団史上初の外人監督ラミレス氏はどうなんでしょうね。

「DeNA新監督にラミレス、その経歴と家族」の続きを読む »

未分類