2015年11月の記事一覧

ベートーベン(ベートーヴェン)の運命と言えば、あの「ダダダダーン!」の出だしをすぐに頭に浮かべることができるのではないでしょうか。クラシックファンでなくとも印象に残っている曲だと思います。



beto

ところが、この「運命」という曲名はない・・・ってご存知でしたか?

曲の正式名称は、「第五交響曲ハ短調作品67」となります。しばしば、「第五」と略称で呼ばれたりもします。

Beethoven_3

上の写真は、「第五交響曲」作曲に着手した頃のベートーベン

では、なぜこの曲を運命と呼ぶのでしょうか。

「ベートーベン(ベートーヴェン)の運命という曲はない?」の続きを読む »

未分類


クリスマスが近づくと、子どもたちの目が輝き始めます。私の小学2年の息子は、欲しい物があるらしく、「サンタクロースに頼むんだ」と言っています。

子どもたちは、いったい幾つくらいまでサンタクロースの存在を信じているのでしょうね。私の娘は小学5年生で友達に説得されて信じなくなったんだそうです。

 

友人は、小学校4年生のクリスマスイブに、トイレに行きたくて目がさめたらお父さんと出くわして、お父さんが手に包みを持っていたんだそうです。ぱっとひらめいて

「それ、プレゼント?」と聞いたら、お父さんが挙動不審で
「違う、自分のゴニョゴニョ・・・・」と言い訳したそうで、その態度でサンタクロースの不在を確信して少しショックだったと言っていました。

 

親としては、我が子がサンタクロースを無邪気に信じているうちは可愛くて仕方なくって、信じてくれなくなると悲しいような、成長したんだなと思えてうれしいような、複雑な心境ですよね。

そんな子どもたちの夢、サンタクロースの由来はどうなっているのでしょう。それにどうして煙突から入って来るのでしょうね。玄関からでいいのにと思います。

 

santa

「サンタクロースの由来(モデル)は?なぜ煙突から入る?伊達直人との関連」の続きを読む »

未分類


 

クリスマス休戦をご存じですか?

第一次世界大戦(1914年~1918年)中に西武戦線各地で一時的な休戦状態になり、イギリス・ドイツ双方の兵士がともにクリスマスを祝い、酒や食料を分けあい、交歓したとのことです。

日本の古い映画でも似たようなシーンを見たことがあります。記憶を辿って見ると、日露戦争の旅順攻防戦を描いた「203高地」と言う映画でした。

87b86656012e0ebef59ccbe3cddbb4ca_s

WWImontage

「クリスマス休戦と203高地(二百三高地)」の続きを読む »

国際, 歴史


 

クリスマスの花と言えばポインセチアですね。

a66c693638b9a761e099265420b28d4b_s

13901e14a524dd92c67dad1ce2b2e068_s

赤いきれいな花だと思っていませんか?実は、赤いのは花ではなくて蕾を包んでいた苞葉(ほうば)なのです。真ん中の黄色いのが花なんですね。

ポインセチアは、クリスマスシーズンに見かける事が多く、寒さに強い印象がありますが実際はそうでもないようですね。詳しくは、後述します。

「クリスマスの花ポインセチア、由来と花の育て方と毒性」の続きを読む »

植物, 行事


丈夫と言ったら、体が頑健、めったに病気をしないし、少々の風邪なんかなら一晩寝ればへっちゃらって雰囲気ですね。

横綱白鵬を想起させますね、朝青竜でもいいんですけどね。

「うちのお父さんは丈夫だから」って賞味期限切れの肉をお父さんのお弁当に・・・って、それはダメでしょ。

他には、物が壊れにくいって時にも使います。丈夫な傘とか丈夫な自転車などですね。

 

で、大丈夫として「大」をつけると「間違いない」とか「確かだ」とか、励ます意味で「大丈夫だね」などと使われます。どうして変わってしまうのでしょうか。

「丈夫と大丈夫の意味と由来、2つの言葉はどう違う?」の続きを読む »

日本語


パリのテロ事件、少しづつ正確な情報があきらかになっています。
7人の犯人が3グループに別れ、6ヶ所を襲撃、死者は129人にのぼるのだそう。

ベルギー検察は、首都ブリュッセル郊外で関係者3人を逮捕したと発表しました。最近ヨーロッパで話題の移民・難民に紛れてフランスに入国した可能性が指摘されています。

外国の話だから、と安心してはいられませんね。

「パリ同時多発テロ、日本で起きたら、その2」の続きを読む »

事件


 

パリで大変なことが起きています。

レストラン・劇場・サッカー競技場等で銃撃、自爆テロが多発し、死者は、140人以上、オランド大統領はフランス全土に「非常事態宣言」を出しました。

フランスメディアは少なくとも6ヶ所がテロの標的になったと伝えています。

 

パリは11月30日に開催予定のCOP21(正式名称は気候変動枠組み条約第21回締約国会議)に備えて厳戒態勢でした。

しかし、この同時連続テロで、厳戒態勢でも防ぐことができなかったと衝撃を受けています。

パリ厳戒態勢の装備

TVでは、何度もこのニュースを放送しますが、正確な情報はおそらくパリでもつかめていないのでしょう。同じ内容を繰り返すにとどまっています。

その中で、出動したフランスの警官(軍隊?)の武器が自動小銃なのでしょうか、結構いかついものを手にしている姿を見ます。

「パリで同時多発テロ、非常事態宣言、日本で起きたらどうなる?」の続きを読む »

事件