スポンサーリンク

12日放送の「ワイドナショー」で、T.M.Revolutuonの西川貴教が、ドナルド・トランプ米大統領来日における日本国内の歓迎ムードに疑問を連発した。

 

番組では、5日から7日にかけて訪日したトランプ大統領に対する日本政府の「おもてなし」を取り上げた。

 

西川は、トランプ大統領が次に訪れた韓国でデモが相次いだことを持ち出し、「日本って、何となくぼんやり『まあ、いいよね』になっちゃってる感じが不思議だなと思いました」と指摘。

 

反日韓国でデモが相次ぐと、日本もみならわなきゃいけないのでしょうか?
そんなおかしな話があるとは思えません。

 

・トランプ大統領に対する米国民の支持率がとても低く、その発言も含めてさまざまな問題があるにもかかわらず、日本国内の「なんかすごい! トランプさん喜んでくれている!」という雰囲気に「これでええんかな?」と感じるそうだ。

 

米国民の支持率がとても低く???
しかし、選挙で勝ったから大統領になったののですよ。支持率が下がったからと言っどうこう考えるのは、先の韓国のデモと同じで、自分で考えずに流されるだけの態度でしかありません。

 

トランプ大統領に問題発言があったとしても、北朝鮮への圧力で、日本の国益につながるトランプ大統領を利用すると言っては、失礼になりますが、そういう意味で歓迎すればいいと思います。

 

・トランプ大統領が共同記者会見で「安倍首相は多くの武器をアメリカから買うことになるでしょう」と声明を発し、安倍首相も一層の装備購入を示唆したことに対しても、「(トランプ大統領が)『最新兵器買うてや!』みたいな。(対する安倍首相が)『いっぱい買うで!』みたいな。それでええの!?」と首をかしげる。

 

拉致被害者の現実や、日本の上空を自由に飛び回る北朝鮮のミサイル、日本を敵国だと宣言する韓国、尖閣に虎視眈々と狙うシナ、こんな状況で米国は、日本に
「自分の国は自分で守れ」
と要求しています、国際的にも当然の話です。

 

それに基づいて、トランプ大統領は日本に新たな武器を提供しようとしています。

日本を守りたい安倍総理がそれを受けるのも当然のこと。

そんなことがわからん人はお花畑と呼ばれます。

西川 貴教は、日本のミュージシャン、歌手、作詞家、俳優、声優、タレント、ラジオパーソナリティ、実業家。滋賀県彦根市生まれ、滋賀県野洲市育ち。

 

滋賀県民みんなこんなんじゃんないですからね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

    スポンサーリンク