聞きなれない菌の名前を見つけたので調べてみました。食中毒の原因になるって聞くとほっとけません。(料理が軽く趣味なもので)

 

セレウス菌

グラム陽性大桿菌で芽胞を有する通性嫌気性菌である。
さっぱりわかりません。調べてもいいんですけどもっと日常にかかわることを調べます。

食物の腐敗細菌としては知られていたが、病原性について知られたのは、最近なんですね。
1983年に厚生省が「食中毒統計」に収載・・・とあります。

 

食中毒の症状

セレウス菌による食中毒の症状は2種類あります。嘔吐型と下痢症型です。

嘔吐型
潜伏期間が短く、1~5時間で発症し激しい嘔吐が特徴となります。
日本での発症は、ほとんどが嘔吐型のようです。

下痢症型
潜伏期間が嘔吐型より長く、10~12時間で発症します。

いずれの場合も、下痢や嘔吐に対する水分・栄養補給などの対象療法で特別な治療は必要ないとのことなので、まぁ安心ですね。

ただ、1978年に川崎市の老人ホームで3人なくなっていますので、お年寄りや、子供には十分な注意が必要だと思います。

 

それと、セレウス菌の発症数が
”1983年から1983 年から1999 年までの17 年間に発生した食中毒総数19,937事例のうち、セレウス菌食中毒は201 事例、患者数7,697 名で、いずれも1%程度を占めるにすぎない” とありますのでそんなに大規模な被害はないようです。

 

セレウス菌の殺菌

キッチンの布巾などが匂うのもこのセレウス菌によるものなのだそうです。ところがセレウス菌は耐熱性があり、”100度、30分間加熱でも耐えるものがある”らしいです。熱湯消毒ではダメなんですね。

で、布巾の消毒は、熱湯デダメならどうするかというと、次亜塩素酸を含む塩素系の漂白剤(キッチンハイターなど)に漬けるのがよいそうです。5分程度漬けておけば効果があるそうです。

64af4217cd098953ef24867f84924e28_s

 

また、調理はたくさん作りすぎない、残すときは10度以下で保存するなどの注意が必要です。これから食中毒にも気を付けながら料理を楽しみたいと思います。

 

 

 

 

未分類

武田 邦彦 (たけだ くにひこ、1943年6月3日 – ) は、日本の工学者、環境評論家。中部大学総合工学研究所特任教授。東京都出身。
専門は資源材料工学で、機能材料構造を研究テーマとしているが、地球環境問題についての著書やその主張によるメディア露出が増えており、それらについては議論が起こっている。武田は主張のコンセプトについて「科学者」「教育者」として「環境を科学から見る」としている。(ウィキペディア2015年3月20日版より)

 

武田氏は、地球温暖化・資源保護等々についての自論を数々の著作で著されています。

それぞれに批判も多いようですが、これらの問題は、利権がらみも多く結論の出しにくい問題です。

この動画では、日本人が祖国を見るときに知らされていない大切な角度を教えてくれていると思い、ここに紹介します。

 

 

未分類

焼酎に甲類、乙類ってあるのをご存知ですか。なんとなく知っていたのですが、甲類は匂い等のなく飲みやすいもの、乙類は匂いが強く悪い(安い)もの位に考えていました。ところが、そんなことはなく匂いは原料の香りを楽しむもの・・・と最近知りました。

これは恥ずかしいと思い、調べることにしました。

焼酎1

焼酎

言わずと知れた、日本のお酒で蒸留酒です。

歴史を見ると、現在のタイから琉球を通じてもたらされたそうです。それで、現在でも九州から南での生産が主流なんですね。

まず基礎知識として、お酒は、醸造酒・蒸留酒・混成酒に分けられます。

醸造酒:原料または原料の糖化させたものを発酵させた酒。
日本酒・ビール・ワイン等
蒸留酒:醸造酒を蒸留し、アルコール分を高めた酒。
ウイスキー・ブランデー・テキーラ
焼酎・ジン・ラム・ウォッカ・泡盛 混成酒:酒に他原料の味、香りづけ
し、糖分、色素を加えて造った酒。
リキュール・ベルモット・梅酒

焼酎は、上記中の「蒸留酒」にあたるわけです。で、お酒の製法による分類は二日酔いにも関係します。

一般に蒸留酒と高価なお酒は二日酔いしにくく、醸造酒と安価なお酒は二日酔いしやすいです。

蒸留酒は、醸造酒を沸騰させ、不純物を取り除くため二日酔いしにくくなるんだそう。二日酔いを避けるには、日本酒より焼酎を飲むようにして日本酒を飲みたい時には量を抑えたほうがよいのでしょうね。

当ブログ管理人は、量を抑えられないのでもっぱら、焼酎・ウィスキーですけどね。「二日酔いが怖くて酒が飲めるかー」って言いながら、二日酔いしにくいお酒を大量に飲む作戦です。笑

 

乙類焼酎

甲類・乙類って甲類が先?って思うのですが、歴史的には乙類のほうが先なんですね。乙類のほうが伝統的な焼酎で、甲類は一時「新式焼酎」、乙類は「旧式焼酎」と呼ばれていたんだそうです。

乙類焼酎は、単式蒸留器で蒸留されます。そのため。原料の香味成分が残り、独特の風味、味わいになります。また、アルコール度数は45°以下です。

原料には、米・麦・サツマイモ・黒糖・そばなどが使われ、「本格焼酎」とも呼ばれます。沖縄の泡盛も乙類焼酎です。

長崎県壱岐市の「壱岐焼酎」・熊本県球磨地方の「球磨焼酎」・鹿児島県の「薩摩焼酎」と沖縄県の「泡盛」は、国際的に認定されたブランドです。

おいしい飲み方としては、水割り・ロック・お湯割りなんかがポピュラーです。

調べていて、新しく知った飲み方では、「前割り」というのがありました。焼酎を好みの濃さに水で割り、一晩寝かせるんだそうです。こうすると焼酎と水がよくなじみまろやかになるんだそうです。飲むときには、冷やでも燗でもよいそうですよ。

焼酎と梅酒のブレンドなんてのもあります。梅酒の香りがおすすめです。

 

甲類焼酎

甲類焼酎は、乙類と違って連続式蒸留器で蒸留します。連続式蒸留器で何度も蒸留を繰り返すことで不純物を取り除き、透明で癖のない味わいになります。アルコール度数は36°未満なので、誰にでも楽しみやすいのではないでしょうか。

癖がないので、飲み方は水割り、酎ハイ、サワー、カクテル、薬用酒、果実酒と無限です。家庭で梅酒を作るときにもこの焼酎を使いますよね。

ただし、お酒に経験のない間は、癖や香りのないせいで、酔っていることに気づかない間に量を飲みすぎてしまい、気づいたらまともに立てないってこともありますのでご注意ください。
(当ブログ管理人の若いころの経験です。)

 

混和焼酎

焼酎甲類と焼酎乙類を混ぜたものもあります。乙類の香りを抑えて飲みやすくしたり、甲類に軽く香り付けをするなどの目的で作られます。

甲類が50%以上95%未満だったら、甲類乙類混和、乙類が50%以上95%未満なら、乙類甲類混和となります。

表示は、「焼酎甲類乙類混和」「焼酎乙類甲類混和」または「連続式・単式蒸留焼酎混和」「単式・連続式蒸留焼酎混和」と表示することになっているそうです。

後者の表示を店頭で見たらなんだかわからないような気もしますけどね。

 

森伊蔵など

有名な焼酎では、「森伊蔵」「魔王」なんてのがあります。ネットで調べると、「森伊蔵」なんかは、720mlで2万円とかしていて、ビックリします。

販売店では、電話による抽選販売をしていて、めったに手に入らないようです。

森伊蔵は昔、人のおごりで飲んだことがあるのですが、どんな味だったのか全く覚えていません。
酒飲みとしては安上がりな方なんだと思います。

こういったプレミア焼酎の登場で「安酒、労働者の酒、臭い酒」のイメージがアップしたって意見もあるようです。
焼酎って昔はそんな印象だったんですね。今は、結構おしゃれなイメージですよね。

 

以上が今回、焼酎について調べてわかったことです。

それでは、明日にムリを残さないように今夜も飲みましょうね。
ではまた。

 

 

 

 

 

未分類

川崎中一殺害事件

18歳少年による中学生の惨殺事件は、2月の寒い中、裸で川を泳がせその後、カッターナイフで首を切るという残忍なものでした。

川崎中一殺害事件により「少年法」へのバッシングが始まりました。「少年法」で加害者が守られ、軽い刑で済んでしまうというものです。刑期の予想はよく見かけるものが「殺人で立件され、刑期10年~15年」とのことです。

「少年法」と刑期について調べてみました。
「川崎中一殺害・刑期・死刑・無期刑」の続きを読む »

未分類

川崎中一殺害事件が発生してから、「少年法改正」、「少年法いらない!」などの声が聞こえ始めました。「少年法」はどうなっているのでしょうね。

 

少年法

少年法とは、未成年者(20歳未満)に成人同様の刑事処分を下すのでなく、(原則として)家庭裁判所により保護更生のための処置や手続きを決めたものである。

その理念は、未成年者は人格に可塑性(かそせい)があり、教育等で更生する可能性があるので、処罰でなく、保護教育を行うべきと言うこと。
「川崎中一殺害 少年法 刑期、裁判の行方」の続きを読む »

未分類

八十八夜とは

  1. 夏も近づく八十八夜
    野にも山にも若葉が茂る
    「あれに見えるは茶摘みぢやないか
    あかねだすきに菅(すげ)の笠」
  2. 日和(ひより)つづきの今日このごろを
    心のどかに摘みつつ歌ふ
    「摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ
    摘まにゃ日本(にほん)の茶にならぬ」

文部省唱歌「茶摘み」からですが、さて「八十八夜」って何だったんだろう。教わったような気もするのですが、覚えていません。で、調べました。

『八十八夜(はちじゅうはちや)は雑節のひとつで、立春を起算日(第1日目)として88日目(立春の87日後の日)にあたる。』」http://ja.wikipedia.org/八十八夜(最終更新 2014年10月5日 (日) 04:31)

とあるのですが、今度は「雑節」ってなに?
またまたWikipedia(ウィキペディア)様にたずねます。

雑節(ざっせつ)とは、二十四節気・五節句などの暦日のほかに、季節の移り変りをより適確に掴むために設けられた、特別な暦日のことである。

季節の変わり目になり、農作業などの目安となるらしいです。今年2015年の八十八夜は5月2日になります。

 

八十八夜とお茶

八十八夜に摘まれたお茶は、古くから不老長寿の縁起物として珍重されているそうです。

それでお茶についてちょっと調べてみました。
緑茶、煎茶、抹茶、玉露、烏龍茶、番茶、紅茶・・・・といっぱい思いつきますけれどこれらが同じ品種の樹の葉からつくられているってご存知ですか。

これらの違いは製法で変わります。製法によって大きく3つに分類されます。

烏龍茶・・・・半発酵茶
紅茶・・・・・・発酵茶
緑茶(日本茶)・・・・不発酵茶

お茶の中には酵素があり、摘み取って放置すると酵素の働きで茶色になってきます。日本の緑茶は「蒸し製緑茶」と「釜炒り製緑茶」とあって、緑色に仕上げるために加熱して酵素の働きを止めています。

日本では、紅茶・烏龍茶の製造を試しましたが、品質・価格面で他国に勝てず現在は緑茶に落ち着いています。緑茶の中でも「蒸し製緑茶」がほとんどで九州の一部で「釜炒り製緑茶」が作られているそうです。

変わって、紅茶は世界で最も消費量の多いお茶なんだそう。
そうして世界三大紅茶は、インドのダージリン、スリランカのウバ、中国のキーモンとされているそうです。ダージリンしか聞いたことなかったです。

ジャスミンティーはどうなったって思いました。香りが好きなんです。
で、調べると通常の茶葉にマツリカ(アラビアンジャスミン)の香りを吸着させたもので、品質の落ちた茶葉を無駄にしないために香りづけして消費したのが始まりなんですって。ジャスミンの葉・・・と勝手に思っていましたがそうなんだ。

お茶の現在

1970年半ばには、コーラなどの炭酸飲料やコーヒー等の普及で急須で入れると言う手間のかかるお茶は衰退しました。

1980年代になると世界初の缶入り緑茶やペットボトル入りのほうじ茶や玄米茶、十六茶などが販売開始しました。1990年の生産量5.5万キロリットルが2007年には247万キロリットルと 45倍に急増しています。

覚えがあります。1990年前後だと思いますが、コンビニでペットボトル入りのお茶を買って会社に行くと、年上の同僚から「茶を買うな!」と言われました。

まだ、この頃はお茶ってのは、お湯を沸かして急須で入れるのが常識だったんだと思います。100円前後を出して買うものではないと彼は言いたかったのでしょう。

 

茶摘み体験2015

お茶の産地では、茶摘みの体験などを募っています。暖かい5月にお茶摘み体験などどうでしょう。

下の青文字をクリックしていただくと当地のHPに行きます。他にもあります。「茶摘み体験」などで検索されてはいかがですか。

京都府和束町

新潟県村上市

静岡県袋井市
 

 

 

 

未分類

2/21 今日は家族と郊外の書店をに行きました。家族の買い物を車で待っていると車の周囲をタンポポの綿毛が飛んでいました。

 

2たんぽぽ 6efdcf7d14276028698b68d280125e59_s

タンポポ天ぷら

タンポポの根を使ったコーヒーを一度作ってみようと思いながらまだできていません。タンポポの天ぷらは2年前にやってみました。ほんのり苦みがあっておいしいですよ。

 
タンポポ天ぷらの動画

タンポポの採集

タンポポコーヒーは、タンポポの根を天日干しにして、煎って、ミル等で挽いてつくります。

在来種、外来種ともに食用になるので選ぶ必要はありません。ただ、公園等、人の出入りの多いところでは除草剤がまかれていたり、犬の散歩で汚れているかもです。場所を選んだほうがよいですね。

根っこはかなり長くて深いそうで園芸用のシャベルを用意したほうがよいです。

シャベル

 

タンポポコーヒー

タンポポコーヒーの作り方(その1)

タンポポコーヒーの作り方(その2)

タンポポ茶

タンポポ茶は、タンポポコーヒーと同じで呼び名が違うだけとの意見と根だけでなく葉も混ぜるって意見の両方があるようです。

ヨーロッパでは古くから愛飲されてきたそうです。またタンポポは、薬草としても知られていて、漢方薬としても利用されてきたようです。

 

タンポポコーヒー(タンポポ茶)の効能

母乳の出をよくし、質も向上するそうで、母乳で赤ちゃんを育てるお母さんにはピッタリですね。

また、利尿作用があり、むくみの改善にも効果的と言われています。

胃の働きを活発にしてくれて、「胃もたれ・食欲不振・消化不良」などの症状の改善に有効だと考えられています。

成分に血液循環を促進させる作用があり、血行を改善し、「冷え性」などの対策としても期待されるそうです。

葉に含まれる成分には、C型肺炎ウィルスを抑制する効果があるそうです。

そこらじゅうで見かけるのに、すごく役にたつ草花なんですね。

 

タンポポのその他

タンポポを英語では、「dandelion(ダンデライオン)」と言います。これは、仏語「dent-de-lion」からで仏語の意味はライオンの歯なんだそうです。タンポポの歯がぎざぎざしてライオンの牙を連想することからだそうです。

タンポポの花言葉は、「真心の愛」「別離」「思わせぶり」「神のおつげ」などです。可憐な花によく似合うと思います。

 

 

未分類

灌仏会(かんぶつえ)≪花祭り≫

灌仏会ってご存知でしょうか。花祭りとも言ってお釈迦様の生誕祭ですね。

キリスト教ならクリスマスに当たりますが、知名度には大差があって少し残念です。なぜってお葬式ではお寺にお世話になることが多いのに、お釈迦様の生誕についてはあまり知られていないと思いますので・・・。

そんなことを思いながら調べてみました。

お釈迦様(ゴータマ・シッダルタ)は、紀元前5世紀頃の仏教の開祖です。29歳で出家、35歳で悟りを開き、80歳で亡くなったと言われています。

生まれたのが、旧暦の4月8日とされ、日本ではこの日に「灌仏会」が行われます。

降誕会(ごうたんえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、花会式(はなえしき)などとの別名もあります。

 

灌仏会法要

灌仏会では、草花で飾った花御堂(はなみどう)を作りその中に誕生した仏の像をおいて甘茶をかけてお祝いします。

花御堂は、お釈迦様の生まれたルンビニーの花園を表します。生まれた時に9匹の竜が空から甘露の雨を降らして祝福したそうです。甘茶をかけるのはこの故事にならっています。

甘茶は、飲むと健康になる、目につけると目がよくなるなどとも言われているそうです。

また、お釈迦様のお母様、マーヤ夫人が白い象が体に入って行く夢を見たという故事があり、白い象の背に花御堂を載せて法要を行うお寺もあるようです。

お釈迦様は生まれてすぐに東西南北にそれぞれ7歩歩いて、片方の手で天をもう片方で地を指して、「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と唱えました。これは『この世に個として存在する「我」より尊い存在はない』と言うことで、人間一人ひとりが尊いものであるという意味です。

この故事に倣い、多くのお寺で「稚児行列」を行い、参加した子供たちは、健康で賢明に成長すると言われています。

以下は、お稚児さんが灌仏会で甘茶をかける動画です。ほほえましいです。

 

2015年灌仏会

今年、2015年は、4月5日が日曜日なのでこの日に灌仏会を予定しているお寺が多いようです。

お寺では、稚児行列に参加する子供さん(小学生までのようです。)を募集しているところもあります。ご近所のお寺を調べてみてはどうでしょうか。

京都で稚児行列の参加募集をしているお寺が二つありました。お寺の名前(青文字)をクリックしていただくとHPに行けます。

東本願寺

鈴虫寺

 

 

未分類