2015年11月の記事一覧

ベートーベン(ベートーヴェン)の運命と言えば、あの「ダダダダーン!」の出だしをすぐに頭に浮かべることができるのではないでしょうか。クラシックファンでなくとも印象に残っている曲だと思います。



beto

ところが、この「運命」という曲名はない・・・ってご存知でしたか?

曲の正式名称は、「第五交響曲ハ短調作品67」となります。しばしば、「第五」と略称で呼ばれたりもします。

Beethoven_3

上の写真は、「第五交響曲」作曲に着手した頃のベートーベン

では、なぜこの曲を運命と呼ぶのでしょうか。

「ベートーベン(ベートーヴェン)の運命という曲はない?」の続きを読む »

未分類


クリスマスが近づくと、子どもたちの目が輝き始めます。私の小学2年の息子は、欲しい物があるらしく、「サンタクロースに頼むんだ」と言っています。

子どもたちは、いったい幾つくらいまでサンタクロースの存在を信じているのでしょうね。私の娘は小学5年生で友達に説得されて信じなくなったんだそうです。

 

友人は、小学校4年生のクリスマスイブに、トイレに行きたくて目がさめたらお父さんと出くわして、お父さんが手に包みを持っていたんだそうです。ぱっとひらめいて

「それ、プレゼント?」と聞いたら、お父さんが挙動不審で
「違う、自分のゴニョゴニョ・・・・」と言い訳したそうで、その態度でサンタクロースの不在を確信して少しショックだったと言っていました。

 

親としては、我が子がサンタクロースを無邪気に信じているうちは可愛くて仕方なくって、信じてくれなくなると悲しいような、成長したんだなと思えてうれしいような、複雑な心境ですよね。

そんな子どもたちの夢、サンタクロースの由来はどうなっているのでしょう。それにどうして煙突から入って来るのでしょうね。玄関からでいいのにと思います。

 

santa

「サンタクロースの由来(モデル)は?なぜ煙突から入る?伊達直人との関連」の続きを読む »

未分類


 

クリスマス休戦をご存じですか?

第一次世界大戦(1914年~1918年)中に西武戦線各地で一時的な休戦状態になり、イギリス・ドイツ双方の兵士がともにクリスマスを祝い、酒や食料を分けあい、交歓したとのことです。

日本の古い映画でも似たようなシーンを見たことがあります。記憶を辿って見ると、日露戦争の旅順攻防戦を描いた「203高地」と言う映画でした。

87b86656012e0ebef59ccbe3cddbb4ca_s

WWImontage

「クリスマス休戦と203高地(二百三高地)」の続きを読む »

国際, 歴史


 

クリスマスの花と言えばポインセチアですね。

a66c693638b9a761e099265420b28d4b_s

13901e14a524dd92c67dad1ce2b2e068_s

赤いきれいな花だと思っていませんか?実は、赤いのは花ではなくて蕾を包んでいた苞葉(ほうば)なのです。真ん中の黄色いのが花なんですね。

ポインセチアは、クリスマスシーズンに見かける事が多く、寒さに強い印象がありますが実際はそうでもないようですね。詳しくは、後述します。

「クリスマスの花ポインセチア、由来と花の育て方と毒性」の続きを読む »

植物, 行事


丈夫と言ったら、体が頑健、めったに病気をしないし、少々の風邪なんかなら一晩寝ればへっちゃらって雰囲気ですね。

横綱白鵬を想起させますね、朝青竜でもいいんですけどね。

「うちのお父さんは丈夫だから」って賞味期限切れの肉をお父さんのお弁当に・・・って、それはダメでしょ。

他には、物が壊れにくいって時にも使います。丈夫な傘とか丈夫な自転車などですね。

 

で、大丈夫として「大」をつけると「間違いない」とか「確かだ」とか、励ます意味で「大丈夫だね」などと使われます。どうして変わってしまうのでしょうか。

「丈夫と大丈夫の意味と由来、2つの言葉はどう違う?」の続きを読む »

日本語


パリのテロ事件、少しづつ正確な情報があきらかになっています。
7人の犯人が3グループに別れ、6ヶ所を襲撃、死者は129人にのぼるのだそう。

ベルギー検察は、首都ブリュッセル郊外で関係者3人を逮捕したと発表しました。最近ヨーロッパで話題の移民・難民に紛れてフランスに入国した可能性が指摘されています。

外国の話だから、と安心してはいられませんね。

「パリ同時多発テロ、日本で起きたら、その2」の続きを読む »

事件


 

及川眠子さん11/15放送の行列のできる法律相談所に出演

11月15日(月)「行列のできる法律相談所」に出演された及川眠子(おいかわねこ)さん、有名な作詞家さんだったんですね。全然知りませんでした。

 

及川眠子さんの経歴

1960年2月10日生まれ、和歌山県和歌山市出身、血液型B型。

作詞家になるまでのエピソードが驚きです。

高校生の頃、関西フォークに憧れシンガーソングライターを目指す。
が、手が小さくギターコードの「F」が弾けず、作曲を断念、うまく歌えなくて歌うことも断念(音痴を自覚)、それなら作詞で行こうと思った。(中略)作詞家になってはみたが文章を書くのが得意だったかというと、作文や詩の評価は、ことごとく悪かった・・・。

ギャグですか?このエピソードの後に作詞家としてすごい経歴(後に書きます)をお持ちだなんて、笑うところなんですか?と聞きたくなっちゃいます。

まずは、ギターコードの「F」を解説します。bary

左手の人差し指を伸ばしてギターの全部の弦(6本)を抑えています、これをバレーと言って、一本の指で全弦を抑えます。なので指の力も必要で初心者には難しいです。及川眠子さんは手も小さくてうまくいかなかったのでしょうね。

ギターコードの「F」は写真のように、人差し指で全弦を抑えた上に中指、薬指、小指でそれぞれ違う弦を抑えてコード(和音)を弾くので写真よりももっと大変なんです。

で、作曲をあきらめました。(と言ってもギターじゃなくても作曲はできると思うのですが・・・)、次に歌も下手だと気づいて、歌うことをあきらめました。
でも音楽が好きだから、作詞家になろうと決めて作詞家になってあんな曲やこんな曲の作詞をされて成功されているのですね。

「及川眠子11/15行列のできる法律相談所出演、経歴と収入と百田尚樹」の続きを読む »

TV番組