柚子を頂きました。10個ちょっとあってどうやって処理しようかと思いました。

調べるといろんなのが出てくる、出てくる。笑

柚子の皮

柚子の皮は乾燥させると「陳皮(ちんぴ)」と言って高級調味料なんですって。

七味唐辛子にも使われているそうですよ。七味唐辛子の瓶を調べましたら「陳皮」って確かにありました。

柚子の皮を薄くむいて、中の白いワタを取り除きます。白い部分は苦いそうです。

この白いワタのことは「内果皮(ないかひ)」と言います。その外側の黄色または緑の部分は「外果皮(がいかひ)」です。

陳皮は、柚子の外果皮を乾燥させて作ります。皮にある透明のツブツブが香りが濃いそうで、ここを潰さないように注意しましょう。

剥いた皮は細く切ってお椀に浮かべるなど、香りづけといろどりに使います。

剥いた柚子の皮を乾燥させると陳皮です。冷蔵庫で保存すると変色もないそうですよ。もしも時間経ちすぎて変色したらお風呂に入れてみましょうね。

柚子胡椒

柚子の皮と唐辛子を50gづつ入れ、柚子の搾り汁を小さじ1杯程度加えます。

塩を小さじ1~2加えてミキサーで混ぜます。ペースト状になれば出来上がりです。

鍋物、炒めものなどに合います。

柚子胡椒は、もともと九州のご当地調味料なんだそうですよ。

柚子焼酎

柚子の実1kg、焼酎1.8L、砂糖700gを入れて2~3か月で飲めます。

甘目がお好きなら砂糖を増やしてくださいね。

柚子茶

柚子と同量の砂糖(または蜂蜜)を用意します。

柚子は薄切りにして種を取り除きます。

混ぜ合わせて、冷蔵庫に保存します。透明感が出てきたら出来上がりです。

10数個の柚子を頂いて「こんなにたくさんどうすんの?」と思いましたが調べてみるといろんなことができるんですね。調べてみなければ全部お風呂に浮かんでいたかもしれrません。笑

と言っても、きっと全部柚子焼酎になりそうですけれど・・・。

おしまい。