スポンサーリンク

熊本市議会議員による子連れでの議場入り・・・

何を考えてるんだか?それに対して弁護士の八代英輝氏が苦言を呈したってことなんですが、

こっちも何を考えてるんだか???です。

経緯

熊本市議会で11月22日、女性議員が生後7か月の赤ちゃんを連れて会議に出席しようとしたため、会議開始が40分遅れるトラブルがあった。

 

市議の名前は緒方夕佳(42歳)

この方は、他にも視察旅行に子供を連れて、と議会に訴え、条件付きで承認されています。

妊娠中には、着席したままの質問の許可を求め、了承されて着席での質問をされています。議会は、すこぶる柔軟に対応しているじゃないですか。

 

今回も、子連れでの議会参加を申し出るも、良い回答がもらえず、強行突破してるんですね。
これまでの議会の対応を見ると、裏切り行為にさえ見えます。

 

それに対し、弁護士の八代英輝氏の苦言とは、

熊本市議会では「議員以外は傍聴人とみなす」としており、加えて、傍聴規則で「傍聴人はいかなる事由があっても議場に入ることができない」と定めている。

 

八代氏はまずはじめに、この問題について、地方議会が子育て問題に積極的に取り組むべきであり、「子ども連れでの出席」を認めてもいいのではないか、という見解を示す。

 

議会は定刻より約40分遅れて開会となった。議会後に緒方市議は取材に応じ、涙を流しながら「(子育てが)社会問題になっているのに、職場では個人的な問題にされてしまう」と訴えていた。

 

同時に、「敢えて問題提起するために、誰にも言わずに強行しているわけですよね?」と、緒方市議の手法を疑問視。当選1回の新人議員であることを持ち出し、議会のルールをしっかりと理解した上で、こうした行動に打って出たのかどうかが問題だとした。

 

続けて、「『市議会を敵に回して、涙を流す』ってところがちょっとパフォーマンスに見えて」「もっと正攻法で問題提起して、ダメだったらそれで連れていく、だったらいいんですけど」と、緒方市議の行動の稚拙さを指摘したのだった。(ライブドアニュース)

 

結果、議会が定刻より40分後れとなってその損失はどれくらいなんでしょうか。熊本市民の税金でしょうに。

弁護士の八代英輝氏の
「子ども連れでの出席」を認めてもいいのではないか、という見解
にも疑問です。

理由は、このあとに書いています。

ハフィントンポストは

熊本市議会で赤ちゃん連れ議員の出席認められず…でも、世界にはこんなにいます。

って記事出していますが、それは強行突破したんではないでしょうし。世界にどれだけいようともそれは規範にはならないと思います。

と言うのも、公務員の方のこんな記事を記憶しているからです。

こんな女性警察官もいる

 

刃物男に立ち向かい負傷の女性巡査長「制服に袖を通した時から人を守る。迷いない」

詳細は、リンク先でご覧いただければと思いますが、

  • 警察学校卒業2年の24歳の女性警官が
  • 身長30センチ以上大きな男に
  • 包丁で切りつけられながら
  • 襲われていた女性を助けようと
  • メモ版(バインダーかな)で対応し
  • 指を落としかねない重症を負った
  • 神経や腱が切られ、リハビリを要した

 

こんな警官や、自衛官や、その他の国民を守ろうとする人々が、乳児を背負って任務につけるはずがないじゃありませんか。

 

議会で座っていればいい身分だからと言って、他の多くの女性が享受できないことを
しかも強行突破して、税金の無駄使いを起こすなんてとんでもないと思います。

「政治家の先生は気楽でいいよね!」
って有権者に言われたらどうするのでしょうね。

スポンサーリンク

 

  • ハフィントンポストの記事のように世界にたくさんいるのだとしましょう。
  • 弁護士の八代英輝氏の「子ども連れでの出席」を認めてもいいのではないか

こうなるためには、議会だけでなく、全女性の共感が必要だと思うのです。

そういった根回しがあって、共感を得られて女性の温かい視線のもとにしか成立しないことだと思います。

 

補足するなら、八代英輝氏を始めとして、男性が口を出す場面じゃないと思います。女性から意見を求められない限り。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

    スポンサーリンク