スポンサーリンク

神戸大、岩田健太郎教授が、クルーズ船「ダイヤモン・プリンセス」に乗船して船内の状況を動画で告発しましたた。

しかし、翌日には、動画を削除してまた話題になっています。

なぜ削除?厚労省の圧力でしょうか?

告発内容と関連する情報をまとめました。

スポンサーリンク

動画での告発内容

  • クルーズ船内部が「グリーンゾーン」「レッドゾーン」に区分されていない
  • 感染症の専門家がいない
  • 感染者が、自ら船室を出て医務室に向かう
  • 途中で感染者とすれ違ったと職員が発言
  • 防護服を着ていたりなかったりとバラバラだった

などと指摘していましたが、急遽削除の理由がわかりません。

 

劣悪な船内

ツイッターではこのような発言もあります。

 

また、下船した乗客の中に、高齢の姉妹がおられて、
【妹が感染し、「下船 ⇒ 病院」を指示されて、船室を出たが、「病院の手配ができない」と船室に戻され、もう一夜姉と同じ船室で睡眠した】
と言う話もTVで報道していました。

クルーズ船の中が、劣悪だったことは明らかじゃないですか。

下記ツイートの写真を見ても、よくわかります。

クルーズ船を留め置いたことは、結果的に船内での感染拡大にしかなってないと思います。そのことについては、岩田教授には、勇気を出して戦ってほしいものです。

動画削除は、厚労省あたりの圧力によるものとしか思えないですね。

 

動画削除の理由

動画削除の理由を岩田健太郎教授ご本人は、

このようにおっしゃっているのですが、先に書いた劣悪な環境で感染者を増やした疑い、は改善のしようがないです。まだまだ手を緩めないでほしいですね。

 

岩田教授の評判

ただ、岩田教授には、ツイッターで「ネトウヨ=ゴキブリ」発言もあって、どこやらの「安倍!人間じゃねぇたたっ斬ってやる」なんて頭の腐った大学教授と同類ではあるようです。

教授ともなると、せめてしっかりした論陣をはって、政権批判でも、ご自身の反対派への攻撃でもやっていただきたいもの、子供のけんかとか、お笑い芸人の芸レベルの行動は謹んでいただきたいものです。

まぁ、今回のクルーズ船問題とは関係ない話ですが。

 

まとめ

神戸大学の岩田健太郎教授の告発動画削除について解説しました。

また「クルーズ船検疫は必要だったか?」と専門家による意見もあります。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク