モーニングショーで口コミビジネスを特集していました。

口コミビジネス、その仕組みを書いてみます。

スポンサーリンク

口コミビジネスとは

Amazonや楽天などで販売している商品に「良い商品評価をして対価を得る」ビジネスです。

 

番組によると、

  1. 業者が口コミを募集する
  2. 応募して商品を買う
  3. 商品のレビューを投稿する(写真や動画をつけることもある)
  4. 業者がそのレビュー(口コミ)を確認し、商品代金を払う
  5. 投稿者は商品を返却しなくてよい

という流れのようで、投稿者は商品がタダで手に入るので、そのまま使ってもよいし、ネットオークション等で売って、小遣い稼ぎもありってことのようです。

また、業者によっては投稿者に一定の金額を払うこともある・・・とか。

番組がインタビューしたある投稿者は、

「私は、月に5万程度の儲けだが、200万くらい稼いでいる人もいる」とのことです。

200万稼げるとは驚き、と思ったら、こんなツイートもあります。

 

年商5億とは恐ろしい。

口コミの意味

これは、非常に大きいです。

実体験を言いますと、

3年ほど前にシェーバー(ひげ剃り)を買おうと思いました。最初は近所の電化製品量販店に行って、シェーバーのコーナーを見ました。

すると、内刃の動き方が、左右に往復する「往復式」・回転する「回転式」・らせん状に回転する「ロータリー式」とか、刃の枚数では、2枚刃・3枚刃、値段は数千円から、3万を超えるもの・・・と多種多様でわかりません。

スポンサーリンク

たかがシェーバーで、しかも万を超えるようなものを買う気もなく、だったので店員を呼ぶのも面倒でそのまま帰宅しました。

で、Amazonで見ると、カスタマーレビュー(口コミ)がたくさんあります。

「髭が濃いかたには、向かないかも、私はそれほどでもなくいのでちょうどよかった。値段も手ごろ。」とのレビューでそのシェーバーに決めて、購入しました。

商品にも満足し、2年近くたったら、切れ味が落ちたので2つ目の同じものを買って今日にいたります。

このように、店頭で実物を見るよりも、口コミの方が(使い勝手などがわかって)良い場合があります。

 

変な口コミに騙されない

最近は減ったのかも知れませんが、同じAmazonで以前、変なレビューがありました。

ちょっと日本語がズレてて、機械翻訳と推測できたりして、

  • それは完璧で素敵な色でした。
  • サイズに満足し、たくさん入っているようで、彼は幸せです。
  • 私は背が高いが完璧です。 慎重に使いたい。

こんな感じですね。

このような口コミばかりだと、最初から「変だな」と感じて騙されることもないのですが、これからは様々な手法が出てくるんじゃないかと思います。

慎重に眺めることが必要になるでしょうね。

 

これからの口コミ

ネットを利用した通販が主流になっています。販売にあたって、商品に対する理解や信頼を得るためには、口コミほど強力なものはないと思います。

TVでは、ネットを飛び出して顧客のところを直接回る新しいタイプのビジネスも取り上げられています。キャラバン・ビジネスと言います。

 

良いものを正しく伝えて、ビジネスにしてもらえるのなら何も問題はありませんが、利益優先で、質の悪いものを、口コミによってよく見せられると、迷惑です。

口コミを頼りにするときの判断基準や方法を確立して通販を利用したいものです、口コミする側のモラルも、いっそう問われるようになるんだろうと思います。

 

まとめ

ネットの発達によって必要となってきた、口コミビジネスについて解説しました。

避けては通れないことだと思うので、より注意深くネットを見つめ、トラブルにならないようにしたいものです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク