所さん!大変ですよ「1年で売り上げ100倍 大繁盛のワケは?」

 

主婦の手作りアクセサリーの売り上げが1年で100倍に急成長!秘密は全国をまわる謎のワゴンにあった。日本全国で沸き起こる不思議なキャラバン・ビジネスを徹底調査!NHK11月28日(木)放送

 

キャラバン・ビジネスって聞いたことないですね。で、予想してみようと思います。

(Joenomias) Menno de JongによるPixabayからの画像

スポンサーリンク

キャラバン・ビジネスとは

キャラバン・ビジネスって聞いたことないのですが、そのままググっても出てきません。

しかし、キャラバン・セールスならありました。

 

皆さんは、『動くスーパー』なるものを記憶しているだろうか。(中略)「オーダーメニュー」は、前もって顧客と念入りに打ち合わせし、予めリクエストされたものだが、「プラスα」となる新製品などの展開が、「あれも! これも!」と購買意欲を掻き立て、数字を積み上げる。
このように「心理的に売れる」のが、キャラバン・セールスの醍醐味であり(後略)

日本ものづくり業界の発展に寄与できる情報媒体 UT-net.jp

 

いわゆる訪問販売のことです。

団地やベッドタウンをワゴン車やトラックで訪問し、販売する商法です。いわゆる移動店舗・移動販売ですね。

高齢化社会と過疎化に加え、小売店舗も減少し、小規模スーパーも減ってしまいました。

今の流行は、大型ショッピングモールで、大駐車場つきの複合店舗です。そこへ行けばさまざまなショッピングと食事もできる便利なものになりました。

ただ、40代くらいまでの夫婦と子どもの家庭なら、ショッピングモールもみんなで楽しめますが、高齢になると、大変です。

昨今の交通事情で免許返納なんてことになったら、そもそも足がありません。

そこで、ワゴン車等に品物を積んで、住宅街・郊外・ベッドタウンといったところを訪問し、販売をすると言う商法ですね。

私の住む地域も、高齢化が進み、年金生活のご家庭が多いようで、冬場は灯油販売が巡回します。

食料品もワゴン販売をよく見かけます。

スポンサーリンク

 

番組内容

主婦が手作りしたアクセサリーを売るネットショップ、長年にわたってほとんど売れず開店休業状態だったのが、この1年で売り上げが100倍に伸びたという。急成長の背景には、全国をまわる謎のワゴントラックがあった!さらに、商品も何もないが全国で大人気のキャラバンカー、その驚きの商売とは!?木村佳乃もビックリの「茶室トラック」も登場!日本全国で沸き起こる不思議な「キャラバン・ビジネス」を徹底調査する! NHK

 

アクセサリー販売

最初は、ネットショップでアクセサリー販売していたんですね。ところがショップ単体では、思うようにアクセスが集まらない。

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

楽天やアマゾンなどに依存すると、出店料や手数料をとられ、しばしば一方的に規約変更があり、などと大変なんでしょう。

楽天では、規約変更で出店者いじめと言われ、公正取引委員会も動いてるようです。

任意団体「楽天ユニオン」の代表を務める勝又勇輝氏。団体設立は10月中旬。日本最大級のインターネット通販会社「楽天市場」が打ち出した配送料無料(購入額3980円以上)の方針に対して、送料を全額出店者側が負担することに猛反発した勝又氏は、団体交渉権を得るためほかの出店者たちと同組合を立ち上げた。livedoorニュース

 

そこで、ワゴンに積んで、訪問販売を開始した所、顧客との距離が縮まり、販売が飛躍的に伸びたってことでしょう。

それにしても、1年で100倍とは半端ないですね。

 

キャラバンカー

「商品も何もないが全国で大人気のキャラバンカー」とは想像つきませんね。

物販でなく何らかのサービスを提供するのでしょうか?例えばネイルとか??

茶室トラック

木村佳乃もビックリの「茶室トラック」というのは、訪問先でお茶を立てるのでしょうか?

木村佳乃さんが、茶道でもやってるのかなと思ったのですが、そんなことでもないようです。

まとめ

キャラバン・ビジネスというのは、キャラバンセールスをもじったNHKの造語なんだろうと思います。

その実態をざっと予想してみましたが、果たして当たっているのか?それとも、もっと驚きの内容が待っているのか?楽しみです。

 

⇒⇒⇒⇒所さん!大変ですよの次週の記事はこちらです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク