ゴルフをしませんし、グリーン上のカップの大きさなんか知りませんでした。
でもその大きさが決まったいきさつを見つけました。

さて、どんな風に決まったのでしょうか?お楽しみに。

dbe93c5ccf33310aa2b606d0c85ef60e_s


スポンサーリンク

ゴルフのカップの大きさは?

直径が108ミリ(4.25インチ)なんだそうです。
ちなみにボールの規格は、直径 約 43ミリ、重さ 約 45グラムです。

ゴル好きなら、このカップのサイズがもっと大きかったらと思うことが度々あるのじゃないかと思います。

b15fb8de71411a7f2fdfbd1f1a84bf5f_s

 

昔のカップのサイズは?

現在のカップの大きさ、108ミリは1891年に決まりました。

それまでのゴルフのカップはシャベルで適当に開けていたのだそうです。

当時のゴルフはマッチプレーでした。
そのため、1ホールごとにストローク数の少ないほうが勝者となり、カップの大きさもプレイヤーが同条件となるのでこだわる必要がなかったのでしょうね。978a9581276f989cad5152ff89d24331_s


スポンサーリンク

こうして決まったカップの大きさ

現在のカップの大きさは、1891年に英国のゴルフの総本山、セントアンドリュース・ゴルフクラブで決められました。

セントアンドリュースは、スコットランドの北海に面した街でゴルフ発祥の地です。

 

先に書きましたように1891年までは、カップはその都度シャベルで開けていました。

しかし、その都度大きさを決めるのが面倒だったり、シャベルで掘っただけだと穴の縁が崩れてしまう、などの不満もあり、セントアンドリュース・ゴルフクラブでたまたまグリーンの側にあった土管を使ってみたところ、ちょうど良い大きさだったのです。

 

 

この時からセントアンドリュースでは、コースのカップに同じサイズの土管を使うようになりました。

この後、セントアンドリュースはあらゆるゴルフコースのモデルになったことでこの土管のサイズがカップの規格になったのです。

 

ちなみにその土管とは

その土管は、セントアンドリュース市で使われていた水道管なのだそうで、今でも当地では同じ直径の水道管を使っているそうです。

この水道管がもっと細かったり、太かったりしたらゴルフ人気が今ほど盛り上がっていなかったかも知れませんね。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク